[Javascript]数値から文字列へ桁数指定!tostringでの0埋めや空白対応についても

画像JavaScript
広告

今回は、数値を文字列に変換する際のテクニックに焦点を当ててみましょう。

特に、桁数指定やToString関数を使った変換時の0埋めや空白について解説します。

初心者の方でもわかりやすく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

広告

Javascriptで数値から文字列への桁数指定

数値を文字列に変換する際、桁数を指定して変換する方法があります。

これには、padStartメソッドを活用します。

// 初期の数値
let number = 42;

// 桁数指定して数値を文字列に変換
let str = number.toString().padStart(4, '0');

// 変換後の文字列を出力
console.log(`変換後の文字列: ${str}`);

// 変換後の文字列: 0042

数値から文字列へのToStringでの変換と0埋め

直接的なToString関数は存在しませんが、toStringメソッドを使用して同様の効果を得ることができます。

以下は、ToStringで変換し0埋めを行う例です。

// 初期の数値
let number = 123;

// ToStringで変換し0埋めして数値を文字列に変換
let str = number.toString().padStart(6, '0');

// 変換後の文字列を出力
console.log(`変換後の文字列: ${str}`);

// 変換後の文字列: 000123
広告

数値から文字列への変換と空白での変換

数値から文字列への変換時に、空白で埋めることもできます。

以下はその例です。

// 初期の数値
let number = 987;

// 空白で変換して数値を文字列に変換
let str = number.toString().padEnd(6, ' ');

// 変換後の文字列を出力
console.log(`変換後の文字列: ${str}`);

// 変換後の文字列: 987

まとめ

これで、Javascriptで数値を文字列に変換する際の基本的なテクニックを学びました。

padStarttoStringメソッドを利用して、桁数指定や0埋め、空白での変換ができることを覚えておきましょう。

これらのテクニックは、実際の開発でよく活用されます。

簡潔なコードで効率的に文字列の変換を行い、Javascriptの世界でよりスキルを高めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました