[Javascript]文字列の先頭に文字列を追加・削除・置換する方法

画像JavaScript
広告

Javascriptの学習を進めていく中で、文字列の操作は非常に重要です。

今回は特に、文字列の先頭に新しい文字列を追加・削除・置換する方法に焦点を当てて解説します。

初心者の方でも理解しやすいように、実用的な例を交えながら詳しく見ていきましょう。

広告

Javascriptで文字列の先頭に文字列を追加する

文字列の先頭に新しい文字列を追加するには、concatメソッドや+演算子を使用します。

以下は基本的な使い方です。

// 初期の文字列
let original = "World!";
// 先頭に新しい文字列を追加
let new_text = "Hello, ".concat(original);

// 結合された文字列を出力
console.log("新しい文字列: " + new_text);

上記のコードでは、concatメソッドを使ってoriginal"Hello, "を結合しています。

結果をコンソールで確認してみましょう。

文字列の先頭から指定文字数だけ削除する

文字列の先頭から指定文字数だけ削除するには、sliceメソッドを使用します。

以下はその例です。

// 初期の文字列
let text = "Hello, World!";

// 先頭から3文字削除
let modified_text = text.slice(3);

// 削除後の文字列を出力
console.log("削除後の文字列: " + modified_text);

このコードでは、sliceメソッドを使って指定文字数だけ先頭を削除しています。

結果をコンソールで確認してみましょう。

広告

文字列の先頭を別の文字列で置換する

文字列の先頭を別の文字列で置換するには、replaceメソッドを使用します。以下はその例です。

// 初期の文字列
let original = "Hello, World!";
let replacement = "Hi";

// 先頭を置換
let modified_text = original.replace(/^./, replacement);

// 置換後の文字列を出力
console.log("置換後の文字列: " + modified_text);

このコードでは、replaceメソッドを使って正規表現/^./で先頭の1文字をreplacementで置換しています。

結果をコンソールで確認してみましょう。

まとめ

文字列の先頭に操作を加える方法は、concatメソッド、sliceメソッド、replaceメソッドを使うことで実現できます。

これらのメソッドはJavascriptで文字列を効果的に操作するための基本的な手法です。

ぜひ試してみて、自分のコードに組み込んでみてくださいね。Javascriptの学習がより楽しく進むことでしょう!

タイトルとURLをコピーしました