[JavaScript]文字列を改行や区切り文字で配列に!文字数や1文字ずつの分割配列方法も

画像JavaScript
広告

JavaScriptはウェブ開発において非常に重要な役割を果たします。

今回はJavaScriptにおいて、文字列を効果的に分割して配列にする方法に焦点を当ててみましょう。

初心者の方でも理解しやすいように、各手法を丁寧に解説いたします。

広告

文字列を1文字ずつ分割する方法

JavaScriptでは文字列を扱いやすく1文字ずつ分割することができます。

以下はその方法です。

const inputString = "Hello";
const charArray = inputString.split('');

console.log(charArray.join(', '));
//結果:H, e, l, l, o

2文字ずつ分割する方法

文字列を2文字ずつ分割して配列に格納する方法も簡単です。

以下がその例です。

const inputString = "Hello";
const charArray = [];

for (let i = 0; i < inputString.length; i += 2) {
    charArray.push(inputString.slice(i, i + 2));
}

console.log(charArray.join(', '));
//結果:He, ll, o
広告

JavaScript文字列を改行で配列にする

改行を区切り文字として文字列を分割するには、splitメソッドを使用します。

以下がその例です。

const inputString = "Line1\nLine2\nLine3";
const lineArray = inputString.split('\n');

console.log(lineArray.join(', '));
//結果:Line1, Line2, Line3

区切り文字で配列にする方法

特定の区切り文字を利用して文字列を分割するには、やはりsplitメソッドを使用します。

以下がその例です。

const inputString = "Apple,Orange,Banana";
const fruitArray = inputString.split(',');

console.log(fruitArray.join(', '));
//結果:Apple, Orange, Banana
広告

指定文字数で配列にする方法

指定文字数で文字列を分割するには、sliceメソッドを使用します。

以下がその例です。

const inputString = "HelloWorld";
const chunkSize = 5;
const chunkArray = [];

for (let i = 0; i < inputString.length; i += chunkSize) {
    chunkArray.push(inputString.slice(i, i + chunkSize));
}

console.log(chunkArray.join(', '));
//結果:Hello, World
広告

まとめ

JavaScriptにおいて文字列を分割する方法は様々ですが、1文字ずつ、2文字ずつ、

改行や区切り文字、指定文字数での分割について理解しました。

これらの手法を使いこなすことで、文字列処理の幅が広がります。

ぜひ実際にコードを書きながら試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました