[JavaScript]文字列を指定文字まで切り出し!指定文字以降最後までの出力も

[JavaScript]文字列の指定文字まで切り出し方や指定文字以降最後まで出力するJavaScript
広告

今回はJavaScriptにおいて文字列を指定文字まで切り出す方法と指定文字以降から最後までの部分を出力する方法について解説します。

初心者の方でも分かりやすく実践的なコーディングに役立つテクニックですのでぜひ最後までご覧ください。

広告

文字列を指定文字まで切り出す方法

JavaScriptでは文字列を指定文字まで切り出すためにsubstringメソッドを使用します。

以下に基本的な使い方を示します。

// 使用例
let originalString = "JavaScriptを学ぶのは楽しいです";
let delimiter = "を"; // 指定文字

let extractedString = originalString.substring(0, originalString.indexOf(delimiter));

console.log(extractedString);
// 結果: JavaScript

この例では、indexOfメソッドで指定文字の位置を取得し、

substringメソッドでその位置までの部分文字列を抽出しています。

指定文字以降から最後まで出力する方法

同様に指定文字以降から最後までの部分を出力するには、

substringメソッドを以下のように使用します。

// 使用例
let originalString = "JavaScriptを学ぶのは楽しいです";
let delimiter = "を"; // 指定文字

let remainingString = originalString.substring(originalString.indexOf(delimiter));

console.log(remainingString);
// 結果: を学ぶのは楽しいです

この例では、indexOfメソッドで指定文字の位置を取得し、

その位置から最後までの部分文字列を抽出しています。

広告

実用的な応用例

上記の基本的な使い方に加えて実用的な例を挙げてみましょう。

例えば、URLからドメイン部分だけを取り出す場合は次のようになります。

// 使用例
let url = "https://www.example.com/path/to/page";
let domain = url.substring(url.indexOf("://") + 3, url.indexOf("/", url.indexOf("://") + 3));

console.log(domain);
// 結果: www.example.com

この例では、indexOf(“://”)でプロトコルの終了位置を取得し、

それに3を加えてから、indexOf(“/”, url.indexOf(“://”) + 3)で次のスラッシュの位置を取得しています。

まとめ

JavaScriptにおいて文字列を指定文字まで切り出し、また指定文字以降から最後までを出力する方法を学びました。

これらのメソッドを駆使することで文字列を柔軟に操作することが可能です。

実際にコードを書きながら理解を深め自分のプロジェクトに応用してみてください。

これで文字列操作においてスキルアップが期待できます。

タイトルとURLをコピーしました