[JavaScript]文字列を数値か判定し変換抽出!IntやString混在配列の入替も!

画像JavaScript
広告

今回は、文字列を数値に変換したり、数値が文字列かどうかを判定する方法について学んでいきましょう。

また、IntやStringが混在した配列での要素の入れ替えについても解説します。

初心者でも分かりやすいように、具体的な例を交えながら進めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

広告

JavaScriptで文字列を数値に変換し抽出する

Javascriptでは、文字列を数値に変換する方法がいくつかありますが、

その中でも一般的な方法はparseIntparseFloat関数を使うことです。

parseIntを使った例
// 文字列
let strNumber = "42";

// 文字列を数値に変換
let convertedNumber = parseInt(strNumber);

// 変換後の数値を出力
console.log(`変換後の数値: ${convertedNumber}`);

// 変換後の数値: 42
parseFloatを使った例
// 文字列
let strFloat = "3.14";

// 文字列を浮動小数点数に変換
let convertedFloat = parseFloat(strFloat);

// 変換後の数値を出力
console.log(`変換後の数値: ${convertedFloat}`);

// 変換後の数値: 3.14

JavaScriptで数値が文字列か判定する

数値が文字列かどうかを判定するには、typeof演算子を使います。

// 変数
let value = 42;

// typeof演算子で型を判定
if (typeof value === 'number') {
    console.log("数値です");
} else {
    console.log("数値ではありません");
}

// 結果:数値です
広告

IntやStringが混在した配列の要素入れ替え

配列内の要素がIntとStringで混在している場合、一部を数値に変換してからソートしたり、逆順にしたりすることができます。

// 配列
let mixedArray = [5, "3", 8, "2", 10];

// 数値に変換してソート
let sortedArray = mixedArray.map(item => parseInt(item)).sort((a, b) => a - b);

// 変換・ソート後の配列を出力
console.log(`変換・ソート後の配列: ${sortedArray}`);

// 変換・ソート後の配列: 2,3,5,8,10

混在配列からfilterメゾットで数字のみ抜き出す

IntやStringが混在している配列から、数字のみを抜き出して新しい配列を作成する方法は、

filterメソッドを使用して数値のみを抽出することができます。以下はその例です。

// 配列
let mixedArray = [5, "3", 8, "2", 10, "abc", true, 7];

// 数字のみを抽出する関数
const extractNumbers = (arr) => arr.filter(item => typeof item === 'number');

// 数字のみを抽出した新しい配列
let numbersArray = extractNumbers(mixedArray);

// 新しい配列を出力
console.log(`数字のみを抽出した配列: ${numbersArray}`);

// 数字のみを抽出した配列: 5,8,10,7

この例では、filterメソッドを使って元の配列から数値のみを抽出し、新しい配列を生成しています。

typeof item === 'number'の条件で、数値である要素だけを抽出しています。

これにより、IntやStringが混在している場合でも、数字のみを抜き出した新しい配列が得られます。

広告

まとめ

今回は、Javascriptで文字列を数値に変換する方法と、数値が文字列かどうかを判定する方法について学びました。

また、IntやStringが混在した配列での要素入れ替えについても紹介しました。

これらのテクニックは、実際のプログラミングでよく活用されます。ぜひ実際にコードを書きながら試してみてください。

Javascriptの世界でより深く理解を深め、スキルを向上させましょう!

タイトルとURLをコピーしました