[sqlserver]文字列から数値変換!整数や少数数字の型についても

SQL
広告

文字列を数値型に変換する方法は、SQLサーバーで非常に一般的な操作です。

文字列を数値に変換することは、データの型変換や数値演算を行う際に重要です。

以下では、SQLサーバーで文字列から数値への変換方法について解説します。

SPONSORLYNC

文字列からCAST関数で数値変換する

CAST関数は、データ型を変換するために使用されます。

文字列を数値型に変換する場合、CAST関数を使用することができます。

SELECT CAST('123' AS INT) AS ConvertedValue;

この例では、文字列 ‘123’ をINT型に変換しています。

CAST関数の第1引数に変換したい値を指定し、第2引数に変換後のデータ型を指定します。

広告

文字列から数値へCONVERT関数で変換する

CONVERT関数も、データ型の変換に使用されます。

CAST関数と同様に、文字列を数値型に変換する場合に使用することができます。

SELECT CONVERT(INT, '456') AS ConvertedValue;

この例では、CONVERT関数を使用して文字列 ‘456’ をINT型に変換しています。

CONVERT関数は、CAST関数と同じように動作しますが、書式が異なる点に注意してください。

広告

TRY_CONVERT関数で変換する

TRY_CONVERT関数は、変換に失敗した場合にNULLを返す安全な変換方法です。

文字列を数値型に変換する場合、TRY_CONVERT関数を使用することができます。

SELECT TRY_CONVERT(INT, '789') AS ConvertedValue;

この例では、TRY_CONVERT関数を使用して文字列 ‘789’ をINT型に変換しています。

TRY_CONVERT関数は、変換に失敗した場合にNULLを返すため、安全に変換を試みることができます。

整数や少数の数字の型について

SQLサーバーでは、様々な数値データ型が提供されており、それぞれ異なる範囲や精度の数値を格納することができます。

整数型
  • bigint: -2^63 (-9223372036854775808) から 2^63 -1 (9223372036854775807) までの整数データ型
  • int: -2^31 (-2,147,483,648) から 2^31 – 1 (2,147,483,647) までの整数を格納するデータ型
  • smallint: -2^15 (-32,768) から 2^15 – 1 (32,767) までの整数データを格納するデータ型
  • tinyint: 0 から 255 までの整数データを格納するデータ型
浮動小数点型
  • float: -1.79E + 308 から 1.79E + 308 までの浮動小数点数のデータを格納するデータ型
その他の数値型
  • bit: 1 または 0 の整数データを格納するデータ型
  • decimal型 (numeric型): 固定長の有効桁数と小数点以下の桁数を指定して数値データを格納するデータ型。範囲は-10^38 +1 から 10^38 -1 まで。

他にも型はありますがこれらの数値データ型を使用することで、より幅広い範囲や精度の数値を格納し適切に扱うことができます。

データの性質や要件に応じて適切な数値型を選択することが重要です。

[sqlserver]数値から文字列へ変換!0埋めや空白埋めについても
数値から文字列への変換は、SQLサーバーにおいて頻繁に行われる作業の一つです。この記事では、SQLで数値から文字列への変換方法や、変換時に0埋めや空白埋めを行う方法について解説します。
広告

まとめ

SQLサーバーで文字列から数値への変換方法について、CAST関数、CONVERT関数、数値関数を使用する方法を解説しました。

これらの方法を使って、データ型の変換を安全かつ効果的に行うことができます。

データの取り扱いにおいて、適切なデータ型を使用することは非常に重要です。

SQL
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました