[SQL]文字列の指定文字まで切り出し方や指定文字以降最後まで出力する

[SQL]文字列の指定文字まで切り出し方や指定文字以降最後まで出力するSQL
広告

今回はSQLにおいて、文字列を指定文字まで切り出す方法と、

指定文字以降から最後までの部分を出力する方法について解説します。

初心者の方でも理解しやすいように、わかりやすく説明していきますので、最後までお付き合いください。

広告

文字列を指定文字まで切り出す方法

SQLにおいて文字列を指定文字まで切り出すには、SUBSTRING関数を使用します。以下に基本的な使い方を示します。

-- 使用例
SELECT SUBSTRING('SQLは楽しいです', 1, CHARINDEX('は', 'SQLは楽しいです') - 1) AS extracted_string;
-- 結果: SQL

この例では、CHARINDEX関数で指定文字の位置を取得し

それを利用してSUBSTRING関数で指定文字までの部分文字列を抽出しています。

指定文字以降から最後まで出力する方法

同様に、指定文字以降から最後までの部分を出力するには、SUBSTRING関数を使用します

-- 使用例
SELECT SUBSTRING('SQLは楽しいです', CHARINDEX('は', 'SQLは楽しいです') + 1, LEN('SQLは楽しいです')) AS remaining_string;
-- 結果: 楽しいです

この例では、CHARINDEX関数で指定文字の位置を取得し、それに1を加えてから

SUBSTRING関数でその位置から最後までの部分文字列を抽出しています。

広告

実用的な応用例

上記の基本的な使い方に加えて、実用的な例を挙げてみましょう。

例えば、電話番号のデータから国コードを取り出す場合は次のようになります。

-- 使用例
SELECT SUBSTRING('(+81) 123-456-7890', 2, CHARINDEX(')', '(+81) 123-456-7890') - 2) AS country_code;
-- 結果: +81

この例では、CHARINDEX関数で閉じ括弧の位置を取得し、

それから2を引いてからSUBSTRING関数で国コードを抽出しています。

まとめ

SQLにおいて文字列を指定文字まで切り出し、また指定文字以降から最後までを出力する方法を学びました。

これらの関数を駆使することで、柔軟に文字列を操作することが可能です。

実際にクエリを書きながら理解を深め、自分のデータベースプロジェクトに応用してみてください。

これで、SQLにおける文字列操作に自信を持てることでしょう。

SQL
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました