[C#]初心者のための文字列操作ガイド!基本的な記述を一気に紹介する

画像C#
広告

C#において文字列を操作する方法は非常に重要です。

本記事では初心者でも理解しやすいようにC#の基本的な文字列操作についてまとめてみました。

これらの操作をマスターすることで効果的なプログラミングが可能になります。

ガマくん
ガマくん

文字列の操作だけでも沢山記事があるので目次から見たいところに進んでね!

広告

文字列についての基本操作

文字列の宣言

C#で文字列を作成する方法はいくつかありますが基本的なものとしては以下があります。

string greeting ="Hello, C#!"; 
string emptyString = String.Empty;

変数に文字列を代入することで文字列を作成できます。

また、String.Emptyを使用すると空の文字列を作成できます。

文字列の結合

複数の文字列を結合するには、+演算子やString.Concatメソッドを使用します。

string firstName = "John";
string lastName = "Doe";
string fullName = firstName + " " + lastName;
// または
string concatenatedName = String.Concat(firstName, " ", lastName);
ガマくん
ガマくん

文字列と数値を結合するときの注意点を以下記事で紹介しているよ

[C#]文字列と数値の結合は注意!数字を変換しなくても連結できる!
今回は数値どうしを足す方法や文字列と数字を足す際のポイントについてお話しします。初心者の方でも理解しやすいようにまずは連結時の注意点から解説しますのでじっくりとご覧ください。

文字列の長さ取得

文字列の長さ(文字数)を取得するには、Lengthプロパティを使用します。

string exampleString ="C# is powerful!"; 
int length = exampleString.Length;

文字の取得と置換

文字列内の特定の位置の文字を取得するには、インデックスを使用します。また、Replaceメソッドを使って文字列内の特定の文字を置換することもできます。

char firstChar = exampleString[0]; 
string replacedString = exampleString.Replace('C','A');

文字列の中から空白改行の削除

Trimメソッドは文字列の先頭および末尾にある空白および改行を削除します。

 string originalString = "   こんにちは、\n 世界!   ";
// Trimメソッドを使用して空白と改行を削除
string trimmedString = originalString.Trim();
[C#]文字列中の空白削除!改行や先頭末尾の除去についても
C#において、文字列内の空白(全角半角の空白)や改行を効率的に削除する方法について解説します。主に Trim、TrimStart、TrimEnd、Replaceメソッドを利用して、簡潔で効果的な文字列の整形を行います。

文字列の置換回数を指定し抽出する

[C#]replaceで置換回数を指定して文字列を抽出する!
C#において、文字列から指定した回数だけ置換を行い、その結果を抽出する方法を学びましょう。この方法を使用することで、特定の部分だけを一度だけでなく、複数回置換した結果を得ることができます。

文字列の後ろの文字を削除する

後ろから指定した文字数を削除するにはSubstringメソッドを使用します。

string inputString = "Hello, World!";
int charactersToRemove = 5; // 削除する文字数
string resultString = inputString.Substring(0, inputString.Length - charactersToRemove);
[C#]文字列の後ろから指定文字数削除!末尾の最後の文字削除についても
C#において、文字列の後ろから一部を削除する方法や、最後の文字だけを削除する方法は、日常的に発生する課題です。ここでは、複数のパターンでこれらの操作を行う方法について解説します。

文字列から数字だけを取得する

[C#]replaceの正規表現で文字列から数字だけ抽出する!
C#において、文字列から特定のパターンに一致する部分を抽出する方法として正規表現を使うことがあります。ここではReplaceメソッドを使用して正規表現を使い、文字列から数字だけを抽出する方法を解説します。

文字列の一部を置換する

文字列の一部を変更するには、Substringメソッドを利用します。

string originalString = "Hello, World!";
string replacement = "Universe";
int startIndex = 7; // 置換を開始する位置

string modifiedString = originalString.Substring(0, startIndex) + replacement + originalString.Substring(startIndex + replacement.Length);
[C#]文字列の一部を変更置換!削除や部分一致検索についても
C#で文字列を操作する際、特定の部分を変更したり、置換したりすることはよくあります。この記事では、文字列の一部を変更したり、置換したりする方法、また削除や一部だけを削除する方法、最後に部分一致での検索方法について紹介します。
広告

文字列を比較する

文字列の内容が同じかどうかだけを判定する場合は==演算子を使用することが一般的です。

string str1 ="Hello"; 
string str2 ="Hello";
if (str1 == str2) {// 文字列が等しい場合の処理 }

文字列を大文字小文字関係なく比較する

C#において文字列の比較を大文字小文字を区別せずに行うためにはEqualsメソッドを利用します

string str1 = "Hello";
string str2 = "hello";

// 大文字小文字を区別せずに比較
bool result = str1.Equals(str2, StringComparison.OrdinalIgnoreCase);
[C#]文字列で大文字小文字区別しないで比較する!全角半角の判断についても
C#において文字列の比較を行う際、大文字と小文字を区別せずに比較することがあります。本記事では、初心者向けにC#で文字列を大文字小文字を区別せずに比較する方法について解説します。これにより、柔軟な文字列処理が可能になります。

文字列が数字かどうかチェックする

文字列が数字4桁であるかを確認するには正規表現を利用します。

string inputString = "1234";

if (Regex.IsMatch(inputString, @"^\d{4}$"))
{
   Console.WriteLine("入力された文字列は4桁の数字です。");
}
[C#]文字列が4桁数字か判定チェック!3桁や2桁か正規表現で桁数指定についても
C#では正規表現を活用して、文字列が特定の桁数の数字であるかを簡潔に判定することができます。 この記事では、正規表現を使用して文字列が4桁、3桁、2桁の数字であるかを判定する方法について説明します。 文字列が4桁数字か判定する正規表現 文字...

文字列の分割や切り出しについて

文字列を特定の区切り文字で分割するには、Splitメソッドを使用します。

string csvData ="apple,orange,banana"; 
string[] fruits = csvData.Split(',');

文字列を指定文字まで切り出しする

[C#]文字列を指定文字まで切り出し!指定文字以降最後まで抽出方法も
C#では文字列の操作は基本的なスキルの一環です。この記事では文字列を指定した文字まで切り出す方法と指定した文字以降を最後まで出力する方法について解説します。これらのテクニックを学ぶことでプログラミングにおける文字列処理がよりスムーズになります

文字列を区切り文字で切り出し分割する

C#で文字列を区切り文字で分割する方法にはstring.Split()メソッドを使用する方法があります。

string input = "apple,banana,orange"; 
char delimiter = ','; 
string[] elements = input.Split(delimiter);
[C#]文字列を区切り文字で切り出し分割!カンマで配列の結合について
C#で文字列を操作する際特定の区切り文字で文字列を分割したいことがあります。本記事では特によく使われるカンマ(,)で文字列を区切りそれぞれの部分にアクセスする方法について説明します。これによりCSVデータの処理やテキストの解析などさまざまなシナリオで活用できます。

文字列を前後から切り出しする

[C#]先頭から文字列を切り出し!後ろから前から抽出する方法
C#では文字列を効果的に操作するためのさまざまなメソッドが提供されています。この記事では文字列の先頭から切り出す方法と文字列の後ろから切り出す方法について解説します。これらの方法を理解することで文字列の操作がより柔軟に行えるようになります。

文字列を全角半角バイト数で切り出しする

Encoding.GetBytesメソッドを使用して指定した範囲のバイトを取得しそれをデコードして文字列として扱います

string originalString = "Hello, こんにちは"; 
int byteCountToCut = 10; 
byte[] bytes = Encoding.UTF8.GetBytes(originalString); 
string cutString = Encoding.UTF8.GetString(bytes, 0, byteCountToCut);
[C#]全角半角文字列をバイト数で切り出し!文字数取得についても
C#で文字列を扱う際に文字数やバイト数で特定の範囲を切り出す方法があります。この記事では全角と半角の文字を考慮して文字数やバイト数で文字列を切り出す方法について解説します。これにより文字列操作がより正確かつ柔軟に行えるようになります。
広告

文字列の変換について

文字列の大文字小文字変換

文字列を大文字や小文字に変換するには、ToUpperメソッドとToLowerメソッドを使用します。

string upperCaseString = exampleString.ToUpper(); 
string lowerCaseString = exampleString.ToLower();
[C#]文字列や数字を全角半角変換!バイト数のカウントの取り方についても
今回は文字列や数字の操作に関する重要なテクニックに焦点を当て特に全角半角変換とバイト数のカウントについて解説します。これらのスキルは実用的で日常的に活用できるものですのでぜひマスターしておきましょう。

文字列から数値へ変換する

文字列型から数値型への変換にはParseメソッドやTryParseメソッド、Convertクラスのメソッドが利用されます。

string text = "42";
int result = int.Parse(text);
[C#]intからstringへ変換!文字列から数値への変換方法についても
プログラミングでは、数値と文字列の変換が頻繁に行われます。C#においても数値型から文字列型への変換と文字列型から数値型への変換にはいくつかの方法があります。この記事では、その基本的な手法について紹介します。

文字列を日付に変換する

C#ではDateTime.TryParseメソッドを使用して文字列を日付に変換することができます。

string dateString = "2023-12-31";
DateTime resultDate;

if (DateTime.TryParse(dateString, out resultDate))
{
    Console.WriteLine("変換成功:" + resultDate);
}
else
{
    Console.WriteLine("変換失敗");
}
[C#]文字列を日付に変換!TryParseで年月日やyyyyMMdd形式についても
C#において文字列を日付型に変換する方法は重要です。特に日付や時刻を正確に扱いたい場合には適切な変換手法を知っておくことが必要です。この記事では文字列を日付に変換する方法について、TryParseメソッドを利用してわかりやすく解説します。
広告

文字列のフォーマット

文字列のフォーマットを整えるにはString.Formatメソッドや文字列補間(string interpolation)を使用します。

int age =25; 
string formattedString = String.Format("I am {0} years old.", age); 
// または 
string interpolatedString =$"I am {age} years old.";
[C#]文字列フォーマット指定子一覧!日付や小数点など基本の使い方
C#では、ToStringメソッドやString.Formatメソッドを使って文字列のフォーマットを行うことができます。この記事ではこれらのメソッドで利用できるフォーマットについて解説します。初心者の方でもわかりやすく実用的なフォーマットに焦点を当てていきましょう。

まとめ

まとめ

以上がC#における基本的な文字列操作の一部です。

これらの操作を駆使して様々な文字列処理を行えるようになります。

是非、実際にコードを書きながら理解を深めていってください。

タイトルとURLをコピーしました