[C#]先頭から文字列を切り出し!後ろから前から抽出する方法

[C#]先頭から文字列を切り出し!後ろからや前から抽出する方法C#
広告

C#では文字列を効果的に操作するためのさまざまなメソッドが提供されています。

この記事では文字列の先頭から切り出す方法と文字列の後ろから切り出す方法について解説します。

これらの方法を理解することで文字列の操作がより柔軟に行えるようになります。

広告

Substringで先頭から文字列を切り出し

Substringメソッドを使うことで文字列の指定した位置から先頭までを切り出すことができます。

string originalString = "Hello, World!";
int lengthToCut = 5;

string cutString = originalString.Substring(0, lengthToCut);
Console.WriteLine(cutString);  // 出力: "Hello"

Removeで前から文字列を抽出

Removeメソッドを使うことで指定した位置から先頭までの部分を削除し残りの文字列を取得できます。

string originalString = "Hello, World!";
int lengthToCut = 7;

string remainingString = originalString.Remove(lengthToCut);
Console.WriteLine(remainingString);  // 出力: "World!"
ガマくん
ガマくん

指定文字での切り出しや指定文字以降すべて出力したい時は以下記事で紹介してるよ

[C#]文字列を指定文字まで切り出し!指定文字以降最後まで抽出方法も
C#では文字列の操作は基本的なスキルの一環です。この記事では文字列を指定した文字まで切り出す方法と指定した文字以降を最後まで出力する方法について解説します。これらのテクニックを学ぶことでプログラミングにおける文字列処理がよりスムーズになります
広告

Substringで後ろから文字列を切り出し

文字列の後ろから切り出すためには、文字列の長さを取得しそれを利用してSubstringメソッドを逆順に適用します。

string originalString = "Hello, World!";
int lengthToCut = 6;

int startIndex = originalString.Length - lengthToCut;
string cutString = originalString.Substring(startIndex);
Console.WriteLine(cutString);  // 出力: "World!"

Removeで後ろから文字列を抽出

Removeメソッドを逆順に使って指定した位置から後ろまでの部分を削除し前半の文字列を取得します。

string originalString = "Hello, World!";
int lengthToCut = 7;

int startIndex = originalString.Length - lengthToCut;
string remainingString = originalString.Remove(startIndex);
Console.WriteLine(remainingString);  // 出力: "Hello"
広告

まとめ

文字列を切り出す方法として、SubstringメソッドとRemoveメソッドを紹介しました。

これらのメソッドを使いこなすことで文字列の特定の部分を効率的に取り出すことができます。

適切に活用して、C#での文字列処理に慣れていきましょう。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました