[C#]文字列の後ろから指定文字数削除!末尾の最後の文字削除についても

アイキャッチC#
広告

C#において、文字列の後ろから一部を削除する方法や、

最後の文字だけを削除する方法は、日常的に発生する課題です。

ここでは、複数のパターンでこれらの操作を行う方法について解説します。

広告

文字列の後ろから指定文字数削除する

後ろから指定した文字数を削除するには、Substringメソッドを使用します。

string inputString = "Hello, World!";
int charactersToRemove = 5; // 削除する文字数
string resultString = inputString.Substring(0, inputString.Length - charactersToRemove);

Console.WriteLine($"Result String: {resultString}");

このコードでは、文字列 “Hello, World!” から後ろから5文字を削除しています。

結果は “Hello, ” となります。

Removeで最後の文字だけを削除

string inputString = "Hello, World!";
string resultString = inputString.Remove(inputString.Length - 1);

Console.WriteLine($"Result String: {resultString}");

このコードでも、文字列 “Hello, World!” から最後の1文字を削除しています。

結果は “Hello, World” となります。

広告

Substringで最後の文字だけを削除

string inputString = "Hello, World!";
string resultString = inputString.Substring(0, inputString.Length - 1);

Console.WriteLine($"Result String: {resultString}");

こちらも同様に、最後の1文字を削除しています。

まとめ

まとめ

この記事では、文字列の後ろから一部を削除する方法と、

最後の文字だけを削除する方法について、複数のパターンで解説しました。

これらのメソッドを組み合わせて柔軟に文字列操作を行えるようにしましょう。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました