[Python]文字列比較で違う箇所が何個あるか確認する方法

Python
広告

文字列を比較する際に、それらがどれだけ異なるかを知りたいことがあります。

Pythonでは、文字列を比較して異なる箇所の数を数える方法があります。

ここでは、その方法について解説します。

SPONSORLYNC

文字列比較で違う箇所が何個あるか確認する

文字列を比較するために、2つの文字列をループで一文字ずつ比較します。

異なる文字が見つかるたびに、異なる箇所の数をカウントします。

def count_different_chars(str1, str2):
    # 異なる文字の数をカウントする変数を初期化
    count = 0
    # 2つの文字列の長さが異なる場合、短い方の長さまで比較する
    min_len = min(len(str1), len(str2))
    # 2つの文字列を比較して異なる文字の数をカウントする
    for i in range(min_len):
        if str1[i] != str2[i]:
            count += 1
    # どちらかの文字列が短い場合、残りの文字数もカウントする
    count += abs(len(str1) - len(str2))
    return count

# 2つの文字列を定義
string1 = "apple"
string2 = "apply"
# 異なる文字の数を数える
result = count_different_chars(string1, string2)
print("異なる文字の数:", result)

この方法では、2つの文字列をループで一文字ずつ比較することで、異なる箇所の数をカウントします。

広告

まとめ

Pythonでは、文字列を比較して異なる箇所の数を数える方法がいくつかあります。

文字列をループで一文字ずつ比較する方法を使用することで、異なる箇所の数を効率的に求めることができます。

Python
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました