[Python]while文で1から100までの和を表示!for文の繰り返し合計について

アイキャッチPython
広告

Pythonを使用して1から100までの和を求める方法について解説します。

この記事ではwhile文やrange関数を使用したシンプルなコードを紹介します。

広告

1から100までの和をwhile文で求める

まずはwhile文を使用して1から100までの和を求める方法です。

以下がそのコード例です。

# 1から100までの和をwhile文で求める
def sum_with_while():
    total = 0
    current_number = 1

    while current_number <= 100:
        total += current_number
        current_number += 1

    return total

# 結果を表示
result_with_while = sum_with_while()
print("1から100までの和(while文):", result_with_while)

このコードではtotal変数を用意して1から100までの数字を順に足し合わせています。

1から100までの和をrange関数で求める

次にrange関数を使用して1から100までの和を求める方法です。

以下がそのコード例です。

# 1から100までの和をrange関数で求める
def sum_with_range():
    return sum(range(1, 101))

# 結果を表示
result_with_range = sum_with_range()
print("1から100までの和(range関数):", result_with_range)

このコードでは、range(1, 101)を使用して1から100までの連続する数字のリストを生成し、sum関数でその合計を計算しています。

広告

1から100までの和をfor文で求める

以下が、for文を使用して1から100までの自然数の和を求めるPythonコードの例です。

# 1から100までの和を求める
total_sum = 0  # 合計を格納する変数を初期化

for i in range(1, 101):
    total_sum += i  # 各自然数を合計に加算

# 結果を表示
print("1から100までの和:", total_sum)

このコードでは、for i in range(1, 101):によって1から100までの自然数が順にiに代入され、それをtotal_sum変数に加算していきます。

最終的に、print(“1から100までの和:”, total_sum)で合計が表示されます。

まとめ

まとめ

この記事ではPythonを使用して1から100までの和を求める方法についてwhile文とrange関数を使用した例を紹介しました。

どちらの方法もシンプルで理解しやすいコードです。

選択肢が豊富なPythonでの和の求め方を覚えておくとプログラミングの基礎力が向上します。

タイトルとURLをコピーしました