[Python]連続した数字か判定!数値リストのチェックについて

アイキャッチPython
広告

Pythonにおいて特定のリストが連続した数字を含んでいるかどうかを確認する方法は、初心者にとっても理解しやすく重要です。

連続した数字の判定には複数の方法がありますが、

基本的なアプローチとして、ループを利用する方法と組み込み関数を使用する方法を紹介します。

広告

ループ処理で連続した数字か判定する

以下の例では、リスト内の各要素が連続しているかを、ループを使って確認しています。

def is_consecutive(numbers):
    for i in range(len(numbers) - 1):
        if numbers[i] + 1 != numbers[i + 1]:
            return False
    return True

# 使用例
numbers_list = [1, 2, 3, 4, 5]
result = is_consecutive(numbers_list)
print(result)
# Output: True

この関数は、リスト内の各要素とその次の要素を比較し、連続していない場合はFalseを返します。

数値リストを組み込み関数でチェックする

組み込み関数を利用すると、より簡潔に連続した数字の判定ができます。

def is_consecutive_builtin(numbers):
    return all(x == y - 1 for x, y in zip(numbers, numbers[1:]))

# 使用例
numbers_list = [1, 2, 3, 4, 5]
result = is_consecutive_builtin(numbers_list)
print(result)
# Output: True

all()関数とzip()関数を組み合わせて、連続した数字であるかを効率的に判定しています。

広告

まとめ

まとめ

Pythonで連続した数字を判定する方法は、ループを使った方法と組み込み関数を使用する方法があります。

どちらも理解しやすく、簡潔なコードで実現できます。初心者の方も、ぜひ実際にコードを書きながら試してみてください。

これらの基本的なスキルは、プログラミングの基盤となります。

タイトルとURLをコピーしました