[Python]wait-sleep関数の違いや基本的な使い方!

アイキャッチPython
広告

Pythonプログラミングにおいて、待機時間を制御するために使われる代表的な関数には

timeモジュールで提供されるwaitとsleepがあります。

この記事では、これらの関数の違いや使い方、

そしてそれらをどのように使い分けるべきかについて解説します。

広告

wait関数の使い方

まず初めに、wait関数について説明します。wait関数はtimeモジュールで提供されており、

指定した時間だけプログラムの実行を一時停止させることができます。

以下はwait関数の基本的な使い方です。

import time

# 3秒間待機する例
time.wait(3)
print("3秒間待機しました")

wait関数を使用することで、指定した秒数だけ待機できます。

これは一時停止するだけで、他の処理を同時に実行することが可能です。

sleep関数の使い方

次に、sleep関数について見ていきましょう。sleep関数もtimeモジュールで提供されており、

指定した秒数だけプログラムの実行を停止させます。

import time

# 3秒間停止する例
time.sleep(3)
print("3秒間停止しました")

sleep関数も指定した秒数待機しますが、この間は他の処理がブロックされ、停止します。

つまり、他の処理が同時に行われない点が異なります。

広告

違いや使い分け方について

wait関数とsleep関数の違いを理解した上で、どちらを使うべきか考えてみましょう。

wait関数
  1. 待機中に他の処理を実行できる。
  2. 複数の処理を同時進行させる際に使う。
sleep関数
  1. 待機中は他の処理がブロックされ、停止する。
  2. 一定の時間待機してから次の処理を行いたい場合に使う。

例えば、非同期処理やマルチスレッドのような場面ではwait関数が有用です。

一方で、特定の時間だけ待ってから次の処理を行いたい場合はsleep関数を使用します。

まとめ

まとめ

Pythonにおいて、待機時間を制御する方法としてtimeモジュールのwait関数とsleep関数があります。

これらを適切に使い分けることで、効率的で柔軟なプログラミングが可能です。

どちらを使用するかは、実行したい処理の要件によって異なりますので、適切な選択を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました