[Python]while-trueとは?意味や無限ループの使い方について

アイキャッチPython
広告

Pythonにおいて、while Trueは無限ループを作成するための一般的な構文です。

この記事では、while Trueの意味や基本的な使い方に加えて、

応用編として無限ループの中での様々な処理についても説明します。

無限ループは、特定の条件が満たされるまで繰り返し処理を行うのに役立ちます。

広告

while-Trueの意味とは?

while Trueは条件式が常に真である限り、無限にループし続けます。

これは、通常、ある条件が満たされるまでプログラムを実行し続ける必要がある場合に使用されます。

無限ループを終了させるためには、適切な条件でbreak文を使用してループを抜け出す必要があります。

基本的な使い方

以下は、while Trueの基本的な使い方の例です。

while True:
user_input = input("続行しますか? (y/n): ")

if user_input.lower() == 'n':
print("プログラムを終了します。")
break

# ここに続く処理を追加
print("処理を続行します。")

この例では、ユーザーに続行するかどうかを尋ね、yを入力するとループが続き、

nを入力するとプログラムが終了します。

広告

応用編:無限ループでの処理

カウンターを利用した処理

counter = 0

while True:
print(f"カウンター: {counter}")
counter += 1

if counter >= 10:
break

この例では、カウンターが10に達するまで無限にループし、その間にカウンターの値を表示します。

条件に応じた処理

while True:
user_input = input("数字を入力してください (0で終了): ")

if user_input == '0':
print("プログラムを終了します。")
break

number = int(user_input)
result = number * 2
print(f"{number}の2倍は{result}です。")

ユーザーが0を入力するとプログラムが終了し、それ以外の場合は入力された数字の2倍を表示します。

まとめ

まとめ

while TrueはPythonにおいて無限ループを作成するための有用な手段です。

適切に使うことで、条件が満たされるまでプログラムを実行し続けることができます。

応用編では、無限ループの中でカウンターを利用した処理や条件に応じた処理の例を紹介しました。

無限ループを使用する際には、適切な終了条件を設定し、プログラムが永遠に実行されることがないように注意する必要があります。

Python
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました