[Python]while文で数字ピラミッドの作り方!段数指定についても

アイキャッチPython
広告

Pythonは初心者にも優しいプログラミング言語であり、

その基本構文の一つであるwhile文を使用して数字のピラミッドを作ることができます。

この記事では、Pythonで数字のピラミッドを作る方法や、ピラミッドの段数を指定する方法、逆ピラミッドについて解説していきます。

広告

数字のピラミッドを作る方法

Pythonではwhile文やfor文を使用して数字のピラミッドを作ることができます。

以下はwhile文を使用した例です。

def print_pyramid(rows):
    i = 1
    while i <= rows:
        j = 1
        while j <= i:
            print(j, end=" ")
            j += 1
        print()
        i += 1

# ピラミッドの段数を指定
rows = int(input("ピラミッドの段数を入力してください: "))
print_pyramid(rows)

ピラミッドの段数を指定する方法

ユーザーが任意の段数を指定できるように、input関数を使用して入力を受け取ります。

def print_pyramid(rows):
    i = 1
    while i <= rows:
        j = 1
        while j <= i:
            print(j, end=" ")
            j += 1
        print()
        i += 1

# ピラミッドの段数を指定
rows = int(input("ピラミッドの段数を入力してください: "))
print_pyramid(rows)
広告

逆ピラミッドを作る方法

逆ピラミッドは段々と数字が減少していく形です。以下はその例です。

def print_inverted_pyramid(rows):
    i = rows
    while i >= 1:
        j = 1
        while j <= i:
            print(j, end=" ")
            j += 1
        print()
        i -= 1

# 逆ピラミッドの段数を指定
rows = int(input("逆ピラミッドの段数を入力してください: "))
print_inverted_pyramid(rows)

まとめ

まとめ

この記事では、Pythonを使用して数字のピラミッドと逆ピラミッドを作る方法を解説しました。

基本的な構文やコーディングの考え方に慣れることで、より高度なプログラミングにも挑戦できるようになります。

Pythonの基礎をしっかりと理解し、自分のアイデアを形にする楽しさを感じてください。

タイトルとURLをコピーしました