[Python]後ろから文字列を検索!前からの位置取得についても

[Python]後ろから文字列を検索する!前からの位置取得についてもPython
広告

Pythonにおいて文字列内で特定の文字や部分文字列を検索しその位置を取得する方法はいくつか存在します。

本記事では文字列を前方および後方から検索して位置を取得する方法について解説します。

広告

前から文字列を検索し位置を取得する

find メソッドを使用することで、文字列内で指定した部分文字列を前方から検索し、その位置を取得できます。

# findメソッドを使って前方検索する例
original_string = "Pythonの文字列検索"
search_string = "文字列"
position = original_string.find(search_string)

if position != -1:
    print(f"{search_string} が見つかった位置: {position}")
else:
    print(f"{search_string} は見つかりませんでした")

この例ではfind メソッドが文字列 “文字列” を前方から検索し、見つかった場合はその位置を表示します。

見つからなかった場合は -1 が返されます。

後ろから文字列を検索し位置を取得する

rfind メソッドを使用することで文字列内で指定した部分文字列を後方から検索し、その位置を取得できます。

# rfindメソッドを使って後方検索する例
original_string = "Pythonの文字列検索"
search_string = "文字列"
position = original_string.rfind(search_string)

if position != -1:
    print(f"{search_string} が見つかった位置: {position}")
else:
    print(f"{search_string} は見つかりませんでした")

この例ではrfind メソッドが文字列 “文字列” を後方から検索し、見つかった場合はその位置を表示します。

広告

まとめ

まとめ

Pythonにおいて文字列を前方および後方から検索して位置を取得するために、find メソッドおよび rfind メソッドが利用できます。

これらのメソッドを活用して文字列の操作を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました