[Python]try-exceptでエラーメッセージを取得し出力する

Python
広告

Pythonのtryとexceptを使うと、プログラムの実行中に発生した例外を処理することができます。

しかし、例外が発生した際にそのエラーメッセージを取得したい場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

この記事では、Pythonのtry exceptで例外エラーメッセージを取得する方法について解説します。

広告

try-exceptでエラーメッセージを取得し出力する

まずは、tryとexceptを使った例外処理の基本を確認しましょう。

try:
# 例外が発生する可能性のある処理
result = 1 / 0
except ZeroDivisionError as e:
# 例外が発生した場合の処理
print("例外が発生しました:", e)

上記の例では、tryブロック内で0で割り算を行っています。

これはZeroDivisionErrorを引き起こす可能性があります。

そのため、exceptブロックでこの例外をキャッチし、エラーメッセージを表示しています。

まとめ

まとめ

Pythonのtry exceptを使用して例外をキャッチする際、

例外オブジェクトからエラーメッセージを取得することができます。

この方法を使えば、プログラムの実行中に発生したエラーを効果的にデバッグすることができます。

タイトルとURLをコピーしました