[Python]数値から文字列へ0埋め変換!桁数指定やカンマ区切り

[Python]数値から文字列へ0埋め変換!桁数指定やカンマ区切りPython
広告

Pythonにおいて数値を文字列に変換する際には様々なフォーマット指定が可能です。

本記事では数値から文字列への変換方法や0埋めや桁数指定、カンマ区切りでの表示について解説します。

これらのテクニックを使いこなすことで文字列のフォーマットに柔軟に対応できるようになります。

広告

数値から文字列へ変換する

Pythonでは、str()関数を使って数値を文字列に変換することができます。

以下は基本的な使い方です。

# 数値の定義
number = 42

# 数値を文字列に変換
string_number = str(number)

# 結果の表示
print(string_number)

この例では、str()関数を使って数値42を文字列”42″に変換しています。

数値から文字列へ0埋め変換する

数値を文字列に変換する際、桁数を指定して0埋めすることができます。

これは主に日付や時刻の表示などで利用されます。

# 数値の定義
number = 7

# 桁数を指定して0埋めして文字列に変換
zero_padded = f"{number:02}"

# 結果の表示
print(zero_padded)

この例では、f”{number:02}”の書式指定により1桁の数値を2桁にして0埋めしています。

広告

整数数字の桁数指定

桁数を指定して文字列に変換することも可能です。

この場合、桁数を超える場合はそのまま表示され桁数が足りない場合は左寄せまたは右寄せされます。

# 数値の定義
number = 12345

# 桁数を指定して文字列に変換(右寄せ)
formatted_right = f"{number:8}"

# 桁数を指定して文字列に変換(左寄せ)
formatted_left = f"{number:<8}"

# 結果の表示
print(formatted_right)
print(formatted_left)

この例では、f”{number:8}”およびf”{number:<8}”で桁数を指定しています。

右寄せと左寄せで表示が異なります。

小数点ありの桁数指定

小数点の指定方法については( f )で指定することができます。

0埋めやカンマ区切りなど様々な場面で使われるのでしっかり覚えておきましょう。

# 数値の定義
number = 12345.6789

# 桁数を指定して文字列に変換(右寄せ)
formatted_right = f"{number:12.3f}"

# 桁数を指定して文字列に変換(左寄せ)
formatted_left = f"{number:<12.3f}"

# 桁数を指定して小数点以降を0埋め変換
formatted_zero = f"{number:<12f}"

# 桁数を指定して文字列に0埋め変換
formatted_zero2 = f"{number:012.3f}"

# 結果の表示
print(formatted_right)
print(formatted_left)
print(formatted_zero)
print(formatted_zero2)

# 結果の表示
 12345.679
12345.679 
12345.678900
00012345.679

この例では、f”{number:12.3f}”およびf”{number:<12.3f}”で桁数を指定しています。

右寄せと左寄せで表示が異なります。

広告

カンマ区切りで変換する

大きな数値を見やすく表示するために3桁ごとにカンマを挿入することがあります。

# 数値の定義
number = 9876543210

# カンマ区切りで文字列に変換
formatted_with_comma = f"{number:,}"

# 結果の表示
print(formatted_with_comma)

この例では、f”{number:,}”でカンマ区切りにしています。

広告

まとめ

まとめ

Pythonで数値から文字列への変換やフォーマット指定を行う方法について解説しました。

これらのテクニックを組み合わせて使うことで様々な形式で数値を見やすく表示することができます。

是非、実際に手を動かしながら試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました