[Python]sortedでリストの昇順降順並び替え!名前順についても

アイキャッチPython
広告

Pythonにおいて、リストの要素をソート(並び替え)するには、sorted関数を利用します。

この記事では、sorted関数を使用してリストを降順、昇順、

および名前順にソートする方法について解説します。

広告

sorted関数でリストの降順ソート

Pythonでリストを降順にソートするには、sorted関数にreverse=Trueを指定します。

以下はその例です。

numbers = [5, 2, 8, 1, 9]
sorted_numbers_desc = sorted(numbers, reverse=True)
print(sorted_numbers_desc)

このコードでは、numbersリストを降順にソートして、sorted_numbers_descに格納しています。

結果として、[9, 8, 5, 2, 1]が出力されます。

sorted関数でリストの昇順ソート

リストを昇順にソートするには、reverse=Trueを指定せずにsorted関数を使用します。

以下がその例です。

numbers = [5, 2, 8, 1, 9]
sorted_numbers_asc = sorted(numbers)
print(sorted_numbers_asc)

このコードでは、numbersリストを昇順にソートして、sorted_numbers_ascに格納しています。

結果として、[1, 2, 5, 8, 9]が出力されます。

広告

sorted関数で文字列の名前順に並び替え

文字列を名前順にソートするには、同様にsorted関数を使用します。

以下がその例です。

names = ["Alice", "Bob", "Charlie", "David", "Eva"]
sorted_names = sorted(names)
print(sorted_names)

このコードでは、namesリストを名前順にソートして、sorted_namesに格納しています。

結果として、[‘Alice’, ‘Bob’, ‘Charlie’, ‘David’, ‘Eva’]が出力されます。

まとめ

まとめ

Pythonのsorted関数を利用することで、リストや文字列を簡単にソートすることができます。

降順、昇順、名前順など、さまざまな要件に応じて利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました