[Python]round関数で四捨五入! 切り捨てや切り上げについても

Python
広告

Pythonの組み込み関数であるround()を使用すると、数値を四捨五入することができます。

また、mathモジュールを使うことで切り上げや切り捨ても行えます。

この記事では、Pythonで数値を四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法について解説します。

広告

round関数で小数点第1位を四捨五入

round()関数は、小数点以下を指定した桁数で四捨五入します。

num = 3.14159
rounded_num = round(num, 1)
print(rounded_num) # 3.1

上記の例では、小数点以下1桁で四捨五入された結果が表示されます。

mathモジュールを使った切り上げ・切り捨て

mathモジュールのceil()関数は、与えられた数値を切り上げます。

一方で、floor()関数は、与えられた数値を切り捨てます。

import math

num = 3.14159
ceil_num = math.ceil(num)
floor_num = math.floor(num)

print(ceil_num) # 4
print(floor_num) # 3
広告

ceil関数で小数点第2位を切り上げ

小数点第二位を切り上げるには、math.ceil()関数を使います。

import math

num = 3.14159
rounded_up = math.ceil(num * 100) / 100
print(rounded_up) # 3.15

floor関数で小数点第2位を切り捨て

小数点第二位を切り捨てるには、math.floor()関数を使います。

import math

num = 3.14159
rounded_down = math.floor(num * 100) / 100
print(rounded_down) # 3.14
広告

まとめ

まとめ

Pythonでは、round()関数を使用して四捨五入を行ったり、

mathモジュールを使って切り上げや切り捨てを行ったりすることができます。

それぞれの機能を活用して、適切な数値処理を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました