[Python]文字列の文字コードを確認!変換指定方法についても

アイキャッチPython
広告

Pythonにおいて、文字列の文字コードに関する操作は重要です。

文字列のエンコーディングを確認したり、変換したり、指定したりする方法について学びましょう。

広告

文字コードを確認する(chardetライブラリ)

文字コードの確認には、chardetライブラリを使用します。まずはこのライブラリをインストールします。

pip install chardet

そして、以下のように文字コードを確認します。

import chardet

def get_encoding(text):
    result = chardet.detect(text)
    return result['encoding']

string_to_check = 'あいうえお'.encode('utf-8')
encoding_result = get_encoding(string_to_check)
print(f'The encoding of the string is: {encoding_result}')

この例では、chardet.detect()関数を使って文字列のエンコーディングを確認しています。

文字コードを指定し変換する

Pythonには、文字列とバイト列(文字コード)を相互に変換するメソッド「encode()」と「decode()」があります。

encode メソッド

encoded_string = '文字列'.encode('文字コード名')

文字列をバイト列に変換します。

decode メソッド

decoded_string = b'バイト列'.decode('文字コード名')

逆に、バイト列を文字列に戻します。

以下は、具体的な例です。

original_string = 'あいうえお'
utf8_encoded = original_string.encode('utf-8')
shift_jis_encoded = original_string.encode('shift_jis')

print(f'Original String: "{original_string}"')
print(f'UTF-8 Encoded: "{utf8_encoded}"')
print(f'Shift_JIS Encoded: "{shift_jis_encoded}"')

このコードでは、元の文字列をUTF-8とShift_JISのエンコーディングに変換しています。

広告

PythonのソースコードをUTF-8で書く

PythonのスクリプトをUTF-8で書く際には、以下のような宣言を追加します。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

これにより、PythonはこのソースコードがUTF-8で書かれていることを理解します。

標準入出力で用いる文字コードを指定する

標準入出力で使用する文字コードを指定するには、以下のようにします。

import sys
import codecs

sys.stdout = codecs.getwriter('utf_8')(sys.stdout)
print(u'これで日本語も打てます。')

これにより、以降の標準出力はUTF-8で書き出されます。

広告

ファイルの読み書き時に文字コードを指定する

ファイルの読み書き時に文字コードを指定するには、codecs.open()を使用します。

import codecs

with codecs.open('euc.txt', 'r', 'euc_jp') as fin:
    with codecs.open('sjis.txt', 'w', 'shift_jis') as fout:
        for line in fin:
            fout.write(line)

この例では、euc.txtファイルをeuc_jpの文字コードで読み、sjis.txtファイルにshift_jisの文字コードで書き込んでいます。

広告

まとめ

まとめ

文字列のエンコーディングに関する基本的な操作を学びました。

文字列のエンコーディングがプログラムの正常な動作に影響を与えることがあるため、適切なエンコーディングを選択し、確認することが重要です。

異なるシステムやプログラム間でのデータのやり取りにおいて、文字コードの一貫性を保つことはプログラムの安定性に寄与します。

タイトルとURLをコピーしました