[Python] 文字列を数値に置換変換!カンマやマイナス,小数点についても

文字列を数値に変換!カンマやマイナス,小数点についてもPython
広告

Pythonにおいて文字列から数値への変換は頻繁に行われる操作の一つです。

本記事では文字列を数値に変換する方法について解説します。

また、カンマやマイナス、小数点が含まれる文字列に対する数値変換方法も紹介します。

広告

文字列から整数へ置き換え変換

Pythonでは、int()関数を使用して文字列を整数に変換できます。

# 文字列から整数への変換
num_str = "123"
num_int = int(num_str)
print(num_int)

この例では文字列 “123” を整数に変換しています。

int()関数を使うことで、文字列が整数に変換されます。

文字列から浮動小数点数へ置換変換

浮動小数点数への変換も簡単です。float()関数を使用します。

# 文字列から浮動小数点数への変換
num_str = "123.45"
num_float = float(num_str)
print(num_float)

この例では文字列 “123.45” を浮動小数点数に変換しています。

float()関数により文字列が浮動小数点数に変換されます。

広告

文字列から数値への変換で気をつけるポイント

カンマが含まれる場合

カンマが含まれる文字列を数値に変換する際は、replace()関数を使ってカンマを取り除いた後に変換します。

# カンマが含まれる場合の変換
num_str = "1,234"
num_str_without_comma = num_str.replace(",", "")
num_int = int(num_str_without_comma)
print(num_int)

マイナスが含まれる場合

マイナスが含まれる場合も、replace()関数を使ってマイナスを取り除いた後に変換します。

# マイナスが含まれる場合の変換
num_str = "-500"
num_str_without_minus = num_str.replace("-", "")
num_int = int(num_str_without_minus)
print(num_int)

まとめ

まとめ

Pythonにおいて文字列から数値への変換はint()やfloat()関数を利用することで簡単に行えます。

しかし、カンマやマイナス、小数点が含まれる場合は注意が必要です。

replace()関数を併用してこれらの文字を取り除いた後に変換することで正確な数値に変換することができます。

タイトルとURLをコピーしました