[Python]文字列の比較が一致しない!if文や文字コードの判定方法について

文字列の比較が一致しない!if文や文字コードの判定方法についてPython
広告

Pythonプログラミングにおいて同じ文字が一致しない場合の対処法は重要です。

本記事では文字列の比較や条件分岐を通じて同じ文字が一致しない場合の取り扱いや文字コードの確認方法について解説します。

広告

if文での基本的な文字列の比較

Pythonでは文字列の比較には==演算子が利用されます。

同じ文字が一致しない場合の条件分岐には、!=演算子を使用します。

# 文字列の比較
str1 = "hello"
str2 = "world"

if str1 == str2:
    print("同じ文字列です。")
else:
    print("異なる文字列です。")

このコードでは、str1とstr2が異なる文字列であるため、elseブロックが実行されます。

文字列の一致判定における注意点

文字列を比較する際には、大文字と小文字を区別するかどうかに注意が必要です。

例えば、”Hello”と”hello”は大文字小文字が異なるため、通常の比較では一致しません。

# 大文字小文字を区別する比較
str1 = "Hello"
str2 = "hello"

if str1 == str2:
    print("同じ文字列です。")
else:
    print("異なる文字列です。")

このコードでは大文字小文字を区別するため、elseブロックが実行されます。

大文字小文字を区別せずに比較する場合は、str1.lower() == str2.lower()のようにして比較することができます。

広告

文字列が一致しない場合は文字コードの確認

それでも文字列が一致しない原因としてファイルやコマンドプロンプトの文字コードによる不一致が起きている可能性があります。

今回はコマンドプロンプトとテキストの文字コードをUTF-8かどうか確認と合わせる方法について紹介していきます。

テキストエディタ(取込みファイル)の確認

①対象のテキストファイルを開いて文字コードを確認する

②「名前を付けて保存」で文字コードをUTF-8に変更し保存

コマンドプロンプトを文字コードUTF-8にする

①コマンドプロンプトの上枠部分を右クリックし「プロパティ」開き、フォントが「MSゴシック」になっていることを確認する。

②コマンドで「 chcp 65001」を入力しエンターを押すと文字コードがUTF-8の状態で立ち上がります。

上記設定を見直した上でプログラムの確認を行ってみてください。

まとめ

まとめ

Pythonで同じ文字が一致しない場合の対処法について解説しました。

文字列の比較や条件分岐を理解し適切に処理を行うことでプログラムの正確性を保つことができます。

異なる文字列に対する処理は具体的な要件によりますが条件分岐を上手に利用して柔軟かつ効果的に対処しましょう。

タイトルとURLをコピーしました