[Python]文字列でダブルクォーテーションやシングルクォーテーションを追加する

アイキャッチPython
広告

Pythonにおいて、文字列にクォーテーションを追加する方法は様々です。

本記事では、文字列にダブルクォーテーションやシングルクォーテーションを追加する手法について解説します。

これにより、文字列を柔軟に構築し、必要な形式に整形することができます。

広告

ダブルクォーテーションを追加する

文字列にダブルクォーテーションを追加するには、

文字列全体をシングルクォーテーションで囲み、その内部にダブルクォーテーションを含めることができます。

original_string = 'Python is a powerful programming language'
string_with_double_quotes = original_string + ' with "awesome" features'

print("結果:", string_with_double_quotes)

上記のコードでは、original_stringに新しい文字列を追加し、

その中にダブルクォーテーションを含む文字列を作成しています。

シングルクォーテーションを追加する

同様に、文字列にシングルクォーテーションを追加するには、

文字列全体をダブルクォーテーションで囲んで、内部にシングルクォーテーションを含めます。

original_string = "Python is a versatile language"
string_with_single_quotes = original_string + " that's widely used"

print("結果:", string_with_single_quotes)

この例では、original_stringに新しい文字列を追加し、その中にシングルクォーテーションを含む文字列を作成しています。

広告

まとめ

まとめ

Pythonにおいて、文字列にクォーテーションを追加する方法はシンプルでありながら重要です。

ダブルクォーテーションやシングルクォーテーションを正しく組み合わせて利用することで、

プログラム内での文字列操作がより柔軟になります。

是非、これらの方法を活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました