[Python]文字列に変数を代入!数値フォーマットや複数連結する方法

[Python]文字列に変数を代入!数値フォーマットや複数連結する方法Python
広告

Pythonにおいて文字列に変数や数値を代入する方法はいくつかあります。

この記事では基本的な方法からフォーマット文字列、f文字列を用いた効果的な代入までを解説します。

これらの手法を使い分けることで柔軟で効率的なプログラミングが可能です。

広告

基本的な文字列結合

最も基本的な方法は文字列同士を + 演算子で結合することです。

# 変数の代入(基本的な文字列結合)
name = "John"
greeting = "Hello, " + name + "!"
print(greeting)

この方法はシンプルで分かりやすいですが複雑な文字列を組み立てる場合には手間がかかります。

str関数を用いた数値の代入

数値を文字列に組み込む際には、str() 関数を使用して数値を文字列に変換します。

# 数値の代入(str()関数を使用)
age = 25
message = "I am " + str(age) + " years old."
print(message)

str() 関数を使用することで数値を文字列に変換して結合できます。

広告

フォーマット文字列で複数連結

フォーマット文字列では、文字列中に {} を使用して変数を埋め込むことができます

# フォーマット文字列を利用した代入
name = "Alice"
age = 30
greeting = "Hi, my name is {} and I am {} years old.".format(name, age)
print(greeting)

format() メソッドを使用して変数を代入することができます。

この方法は可読性が向上し複数の変数を簡潔に扱えます。

f文字列を利用した代入

Python 3.6以降では、f文字列が導入され変数をより直感的に埋め込むことができます。

# f文字列を利用した代入
name = "Alice"
age = 30
greeting = f"Hi, my name is {name} and I am {age} years old."
print(greeting)

f文字列では変数や式を {} でくくり、文字列中に直接埋め込むことができます。

これにより可読性が向上し変数や数値の代入がよりスマートに行えます。

広告

%sフォーマットを利用した代入

古いバージョンのPythonでは、%s フォーマットを用いた代入も一般的でした。

# %s フォーマットを利用した代入
name = "Bob"
greeting = "Hello, %s!" % name
print(greeting)

%s は文字列を指定するためのフォーマットです。

複数の変数を代入する場合、% 演算子の右辺にタプルで変数を指定します。

# %s フォーマットを利用した複数変数の代入
first_name = "John"
last_name = "Doe"
full_name = "My name is %s %s." % (first_name, last_name)
print(full_name)

ただし、可読性が低く、最近のPythonコードではあまり使用されません。

広告

まとめ

まとめ

これらの方法を組み合わせて異なるシナリオに応じて適切な文字列の代入方法を選択することが大切です。

基本的な文字列結合からf文字列を使った効果的な代入まで、Pythonの文字列操作の幅広い方法を活かしてクリーンで効率的なコードを書くことができます。

タイトルとURLをコピーしました