[Python]前からや後ろから文字列を切り出し!先頭から抽出する方法も

前からや後ろから文字列を切り出し!先頭から抽出する方法もPython
広告

Pythonにおいて文字列から一部を切り出す方法は様々あります。

本記事では特に文字列の前や後ろからの切り出しに焦点を当てて解説します。

これによりPython初心者でも理解しやすい方法を提供します。

広告

文字列の前からの切り出し

文字列の前から特定の位置までを切り出すにはスライス(slice)を使用します。

以下がその基本的なコード例です。

# 文字列の前から切り出し
original_string = "Pythonを学ぼう"
sliced_string = original_string[:5]  # 最初の5文字を切り出す

# 結果を表示
print("前から切り出した文字列:", sliced_string)

この例では、[:5]によって最初の5文字が切り出されています。

文字列の後ろからの切り出し

文字列の後ろから特定の位置までを切り出すには負のインデックスを使用します。

以下がその例です。

# 文字列の後ろから切り出し
original_string = "Pythonを学ぼう"
sliced_string = original_string[-3:]  # 後ろから3文字を切り出す

# 結果を表示
print("後ろから切り出した文字列:", sliced_string)

この例では、[-3:]によって後ろから3文字が切り出されています。

広告

まとめ

まとめ

Pythonで文字列を前や後ろから切り出す方法についてスライスの基本的な使い方を紹介しました。

これらの方法を覚えておくと文字列の取り扱いがより柔軟になります。

初学者でも理解しやすいコード例を通じてPythonの基本を身につけましょう。

タイトルとURLをコピーしました