[Python]if文で時間(datetime)の比較!文字列変換についても

Python
広告

時間の比較は、プログラミングにおいてよく行われる作業の一つです。

Pythonでは、datetimeモジュールを使用して時間を扱います。

時間を比較する方法や文字列を時間に変換する方法を理解することで、日常的なプログラミング作業を効率的に行うことができます。

SPONSORLYNC

if文で時間(datetime)の比較

Pythonでは、datetimeモジュールを使用して時間を扱います。

時間を比較するには、比較演算子を使用します。

from datetime import datetime

# 比較対象の時間を定義
time1 = datetime(2023, 4, 15, 12, 30)
time2 = datetime(2023, 4, 15, 10, 0)

# 比較演算子を使用して比較
if time1 > time2:
    print("time1の方が後です")
elif time1 < time2:
    print("time2の方が後です")
else:
    print("同じ時間です")
広告

文字列を時間に変換して比較

文字列を時間に変換して比較する場合は、strptime()関数を使用して文字列をdatetimeオブジェクトに変換します。

from datetime import datetime

# 文字列をdatetimeに変換
time_str = "2023-04-15 12:30"
time = datetime.strptime(time_str, "%Y-%m-%d %H:%M")

# 比較対象の時間を定義
compare_time = datetime(2023, 4, 15, 10, 0)

# 比較演算子を使用して比較
if time > compare_time:
    print("timeの方が後です")
elif time < compare_time:
    print("compare_timeの方が後です")
else:
    print("同じ時間です")
広告

まとめ

Pythonでは、datetimeモジュールを使用して時間を扱います。

時間の比較には比較演算子を使用し、文字列を時間に変換する場合はstrptime()関数を使います。

時間の比較は、比較演算子を使って直感的に行うことができます。

Python
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました