[Python]現在時刻や日付から文字列へフォーマット変換!strftimeについて

日付から文字列へフォーマット指定変換!strftimeについてPython
広告

Pythonにおいて日付を文字列に変換する操作は一般的です。

特に異なるフォーマットでの日付表記は様々な用途に利用されます。

この記事ではPythonでよく使用される日付フォーマットについて解説します。

広告

日付オブジェクトの作成

日付オブジェクトを扱うには、datetimeモジュールを使用します。

from datetime import datetime

# 現在の日付と時刻を取得
current_datetime = datetime.now()

# 任意の日付を指定
custom_date = datetime(2022, 1, 1)

日付から文字列へyyyymmdd形式へ変換

「yyyymmdd」の形式は、年4桁、月2桁、日2桁で表される簡潔な形式です。

# yyyymmdd形式に変換
yyyymmdd_format = current_datetime.strftime("%Y%m%d")
print("yyyymmdd形式:", yyyymmdd_format)
広告

日付から文字列へyyyymmddhhmmss形式へ変換

「yyyymmddhhmmss」の形式では時刻も含めた詳細な情報を表現できます。

# yyyymmddhhmmss形式に変換
yyyymmddhhmmss_format = current_datetime.strftime("%Y%m%d%H%M%S")
print("yyyymmddhhmmss形式:", yyyymmddhhmmss_format)

日付から文字列へyymmdd形式へ変換

2桁の年で表す「yymmdd」形式もあります。

# yymmdd形式に変換
yymmdd_format = current_datetime.strftime("%y%m%d")
print("yymmdd形式:", yymmdd_format)
広告

日付から文字列へカスタムフォーマット変換

strftimeメソッドを使用してカスタムフォーマットも指定できます。

# カスタムフォーマットに変換
custom_format = current_datetime.strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S")
print("カスタムフォーマット:", custom_format)
広告

現在時刻などの各種フォーマット

format = current_datetime.strftime('%x %X')  # MM/DD/YY hh:mm:ssに書式化
format = current_datetime.strftime('%y/%m/%d %H:%M:%S')  # YY/MM/DD hh:mm:ssに書式化
format = current_datetime.strftime('%Y/%m/%d %I:%M(%p)')  # 12時間制+AM/PM表示
format = current_datetime.strftime('%Y年%m月%d日(%a)')  # 曜日を含む日付

これらの手法を使用してPythonで日付や時刻を柔軟に扱い、文字列に変換することができます

まとめ

まとめ

Pythonにおいて異なる日付フォーマットを適切に扱えることは重要です。

各フォーマットには目的があり慣れておくと便利です。

特にデータベースやログなどでよく使われるyyyymmdd形式やyyyymmddhhmmss形式、yymmdd形式に慣れておくと良いでしょう。

自分のプロジェクトに合ったフォーマットを選択し効果的に日付を扱えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました