[Python]数字からExcelのアルファベット列番号に変換する

Python
広告

Pythonを使って、数字からエクセル列のアルファベットに変換する方法を学びましょう。

この方法は、Excelで行や列を指定する際に便利です。

たとえば、1をA、2をB、26をZ、27をAAといったように、数字をアルファベットに変換することができます。

SPONSORLYNC

数字からエクセル列のアルファベットへの変換

Pythonを使って数字からエクセル列のアルファベットに変換する方法は、以下のようになります。

def num_to_excel_column(num):
    result = ''
    while num:
        num, remainder = divmod(num - 1, 26)
        result = chr(65 + remainder) + result
    return result

# 数字からエクセル列のアルファベットに変換する例
print(num_to_excel_column(1))  # 出力: A
print(num_to_excel_column(26)) # 出力: Z
print(num_to_excel_column(27)) # 出力: AA
print(num_to_excel_column(703)) # 出力: AAA

上記のコードでは、num_to_excel_column関数を定義し、

与えられた数値をエクセル列のアルファベットに変換しています。

divmod関数を使用して商と余りを計算し、余りに応じて対応するアルファベットを取得しています。

広告

まとめ

Pythonを使えば、数値からエクセル列のアルファベットに簡単に変換することができます。

この変換は、Excelで行や列を指定する際など、さまざまなシナリオで役立ちます。

上記の方法を使って、数字からアルファベットへの変換を実装してみてください。

Python
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました