[Python]末尾や先頭の文字列を削除!1文字や文字数指定でのやり方について

文字列の末尾や先頭の削除!1文字や文字数指定でのやり方についてPython
広告

Pythonにおいて文字列を操作する際に特定の位置から一定の文字数だけ削除する方法は重要です。

本記事では文字列の末尾からの削除と先頭からの削除に焦点を当てそれぞれの方法について解説します。

これにより文字列を効果的に編集するスキルを身につけることができます。

広告

文字列の末尾から指定した文字数で削除する

Pythonでは文字列のスライスを利用して末尾を指定した文字数で削除することができます。

以下にその例を示します。

# 元の文字列
original_string = "Pythonプログラミング"

# 末尾から3文字削除
trimmed_string = original_string[:-3]

# 結果の表示
print(trimmed_string)

#出力結果
Pythonプログラ

この例では、original_string[:-3]で元の文字列から末尾から3文字を削除しています。

文字列の後ろから1文字削除する

先程紹介したやり方で文字列の後ろから1文字削除する方法を見ていきましょう。

# 元の文字列
original_string = "Pythonプログラミング"

# 末尾から1文字削除
trimmed_string = original_string[:-1]

# 結果の表示
print(trimmed_string)

#出力結果
Pythonプログラミン

この例ではoriginal_string[:-1]で元の文字列から末尾から1文字を削除しています。

広告

文字列の先頭の指定した文字数を削除する方法

文字列の先頭から指定した文字数を削除する方法もスライスを用いて行います。

以下がその例です。

# 元の文字列
original_string = "Pythonプログラミング"

# 先頭から7文字削除
trimmed_string = original_string[7:]

# 結果の表示
print(trimmed_string)

#出力結果
ログラミング

この例ではoriginal_string[7:]で元の文字列から先頭から7文字を削除しています。

文字列の前から1文字削除する

先程紹介したやり方で文字列の前から1文字削除する方法を見ていきましょう。

# 元の文字列
original_string = "Pythonプログラミング"

# 先頭から1文字削除
trimmed_string = original_string[1:]

# 結果の表示
print(trimmed_string)


#出力結果
ythonプログラミング

この例では、original_string[1:]で元の文字列から先頭から1文字を削除しています。

広告

まとめ

まとめ

Pythonにおいて文字列の部分削除はスライスを利用して簡単に行えます。

末尾からの削除と先頭からの削除それぞれの方法を覚え柔軟に文字列を編集できるようにしましょう。

これらのスキルを駆使することで文字列の操作に関する問題に効果的に対処できます。

タイトルとURLをコピーしました