[Java]ループ処理をbreakを使わないで抜ける方法!

画像Java
広告

avaにおいて、ループ処理から抜ける方法にはいくつかのアプローチがあります。

本記事では、break文を使用せずにループ処理を抜ける方法に焦点を当て、具体的な手法について解説します。

これにより、柔軟で分かりやすいプログラミングが可能となります。

広告

return文を使用する

ループ処理から抜ける一つの方法は、return文を使用することです。

以下に、return文を使ったサンプルコードを示します。

public class LoopExample {

    public static void loopFunction() {
        for (int i = 0; i < 10; ++i) {
            // ある条件を満たした場合、ループから抜ける
            if (i == 5) {
                System.out.println("Loop terminated at i = " + i);
                return;
            }

            // ループ処理
            System.out.println("Processing i = " + i);
        }
    }

    public static void main(String[] args) {
        loopFunction();
    }
}

この例では、loopFunction内のループがiが5になった時点でreturn文により終了します。

return文は、ループ内で使用することで、ループ自体を抜けることができます。

フラグ(Flag)を使用する

もう一つの方法として、フラグ(Flag)を使用することが考えられます。

フラグは条件を保持する変数で、その変数の値によってループを継続するかどうかを判断します。

public class LoopExample {

    public static void loopFunction() {
        boolean shouldTerminate = false;

        for (int i = 0; i < 10 && !shouldTerminate; ++i) {
            // ある条件を満たした場合、フラグをセットしてループから抜ける
            if (i == 5) {
                System.out.println("Loop terminated at i = " + i);
                shouldTerminate = true;
            }

            // ループ処理
            System.out.println("Processing i = " + i);
        }
    }

    public static void main(String[] args) {
        loopFunction();
    }
}

この例では、shouldTerminateというフラグを使用しています。

shouldTerminateがtrueになると、forループが終了します。

広告

まとめ

Javaにおいて、ループ処理から抜ける方法は複数存在しますが、

return文やフラグを使用することが一般的で読みやすい方法です。

可読性を重視しコードを理解しやすく保つためにも、break文以外の手法を使いこなせるようにしましょう。

Java
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました