[C言語]文字列を数字かどうか判定し分ける!isdigitで抜き出し例文

[C言語]文字列を数字かどうか判定し分ける!isdigitで抜き出し例文C言語
広告

C言語において文字列を数字と文字に分割する方法は文字列を扱う上で基本的かつ重要です。

この記事ではその手法について初心者向けにわかりやすく解説します。

文字列を効果的に扱い数字と文字を分離する方法を学びましょう。

広告

文字列を数字かどうか判定し分ける

文字列を一文字ずつ処理するためにループを使用します。

以下は文字列を走査しながら数字と文字を分割するサンプルコードです。

#include<stdio.h>

int main() {
    char str[] = "Hello123";
    char numbers[10];  // 数字を格納する配列
    char letters[10];  // 文字を格納する配列

    int numIndex = 0;  // 数字の格納位置
    int letIndex = 0;  // 文字の格納位置

    for (int i = 0; str[i] != '
#include<stdio.h>

int main() {
    char str[] = "Hello123";
    char numbers[10];  // 数字を格納する配列
    char letters[10];  // 文字を格納する配列

    int numIndex = 0;  // 数字の格納位置
    int letIndex = 0;  // 文字の格納位置

    for (int i = 0; str[i] != '\0'; i++) {
        if (isdigit(str[i])) {
            numbers[numIndex++] = str[i];
        } else {
            letters[letIndex++] = str[i];
        }
    }

    numbers[numIndex] = '\0';  // 数字配列の終端
    letters[letIndex] = '\0';  // 文字配列の終端

    // 結果の表示
    printf("文字列: %s\n数字: %s\n文字: %s\n", str, numbers, letters);

    return 0;
}
'; i++) { if (isdigit(str[i])) { numbers[numIndex++] = str[i]; } else { letters[letIndex++] = str[i]; } } numbers[numIndex] = '
#include<stdio.h>

int main() {
    char str[] = "Hello123";
    char numbers[10];  // 数字を格納する配列
    char letters[10];  // 文字を格納する配列

    int numIndex = 0;  // 数字の格納位置
    int letIndex = 0;  // 文字の格納位置

    for (int i = 0; str[i] != '\0'; i++) {
        if (isdigit(str[i])) {
            numbers[numIndex++] = str[i];
        } else {
            letters[letIndex++] = str[i];
        }
    }

    numbers[numIndex] = '\0';  // 数字配列の終端
    letters[letIndex] = '\0';  // 文字配列の終端

    // 結果の表示
    printf("文字列: %s\n数字: %s\n文字: %s\n", str, numbers, letters);

    return 0;
}
'; // 数字配列の終端 letters[letIndex] = '
#include<stdio.h>

int main() {
    char str[] = "Hello123";
    char numbers[10];  // 数字を格納する配列
    char letters[10];  // 文字を格納する配列

    int numIndex = 0;  // 数字の格納位置
    int letIndex = 0;  // 文字の格納位置

    for (int i = 0; str[i] != '\0'; i++) {
        if (isdigit(str[i])) {
            numbers[numIndex++] = str[i];
        } else {
            letters[letIndex++] = str[i];
        }
    }

    numbers[numIndex] = '\0';  // 数字配列の終端
    letters[letIndex] = '\0';  // 文字配列の終端

    // 結果の表示
    printf("文字列: %s\n数字: %s\n文字: %s\n", str, numbers, letters);

    return 0;
}
'; // 文字配列の終端 // 結果の表示 printf("文字列: %s\n数字: %s\n文字: %s\n", str, numbers, letters); return 0; }

このコードでは、isdigit関数を使用して数字と文字を分割しています。

数字はnumbers配列に、文字はletters配列に格納されます。

[C言語]sprintfで数字を文字に変換!数値から文字列への変換についても
C言語において数値と文字列の変換はプログラミングにおいてよく使用されます。この記事では特にsprintf関数を利用して数値から文字列への変換および文字列から数値への変換に焦点を当てて解説します。これによりC言語の基本的な文字列操作に理解を深めることができます。

まとめ

C言語において文字列を数字と文字に分割する方法は文字列を一文字ずつ処理することで実現できます。

isdigit関数を使って文字が数字かどうかを判定しそれに応じて分岐させることで効果的に処理できます。

これらの基本的な手法を活かして文字列を柔軟に扱えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました