[C言語]sprintfで数字を文字に変換!数値から文字列への変換についても

[C言語]sprintfで数字を文字に変換!数値から文字列への変換についてもC言語
広告

C言語において数値と文字列の変換はプログラミングにおいてよく使用されます。

この記事では特にsprintf関数を利用して数値から文字列への変換および文字列から数値への変換に焦点を当てて解説します。

これによりC言語の基本的な文字列操作に理解を深めることができます。

広告

sprintfを利用して数字を文字に変換

sprintf関数を使用することで、数値を文字列に変換することができます。

以下に、その基本的な使い方を示します。

#include<stdio.h>

int main() {
    int number = 42;
    char str[20];  // 数字が収まるだけの十分な大きさ

    // 数値から文字列へ変換
    sprintf(str, "%d", number);

    // 結果の表示
    printf("数値: %d\n文字列: %s\n", number, str);

    return 0;
}

この例では、sprintf関数を使ってnumberという整数を文字列に変換しています。

“%d”はフォーマット指定子で、整数を文字列に変換します。

数値から文字列への変換する

文字列から数値への変換にはsscanf関数を使用します。以下に例を示します。

#include<stdio.h>

int main() {
    char str[] = "123";
    int number;

    // 文字列から数値へ変換
    sscanf(str, "%d", &number);

    // 結果の表示
    printf("文字列: %s\n数値: %d\n", str, number);

    return 0;
}

この例では、sscanf関数を使って文字列を整数に変換しています。

“%d”はこちらも整数のフォーマット指定子です。

数値から文字列変換する際、数字の桁数を指定したい時について以下記事で紹介してます。

[C言語]数値から文字列へ桁数指定!ToStringでの0埋めや空白対応についても
C言語では、数値を文字列に変換する際にさまざまなテクニックがあります。特に、桁数指定やToString関数を使った変換時の0埋めや空白に注目して学んでいきましょう。初心者の方でも理解しやすいように、具体的な例を交えながら詳しく解説します。
広告

まとめ

sprintf関数を使えば数値を文字列に、sscanf関数を使えば文字列を数値に変換することができます。

これらの関数は柔軟かつ効果的に数値と文字列を変換する手段を提供しています。

応用して様々なシーンで利用できるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました