[C言語]数値から文字列へ桁数指定!ToStringでの0埋めや空白対応についても

アイキャッチC言語
広告

C言語では、数値を文字列に変換する際にさまざまなテクニックがあります。

特に、桁数指定やToString関数を使った変換時の0埋めや空白に注目して学んでいきましょう。

初心者の方でも理解しやすいように、具体的な例を交えながら詳しく解説します。

広告

C言語で数値から文字列への桁数指定

数値を文字列に変換する際、桁数を指定して変換することができます。

具体的な例を見てみましょう。

#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h>

int main() {
    int number = 42;
    char str[5]; // 変換後の文字列を格納する配列

    // 桁数指定して数値を文字列に変換
    sprintf(str, "%04d", number);

    // 変換後の文字列を出力
    printf("変換後の文字列: %s\n", str);

    //出力結果: 0042

    return 0;
}

数値から文字列へのToStringでの変換と0埋め

C言語には直接的なToString関数は存在しませんが、sprintf関数を使用して同様の効果を得ることができます。

以下は、ToStringで変換し0埋めを行う例です。

#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h>

int main() {
    int number = 123;
    char str[8]; // 変換後の文字列を格納する配列

    // ToStringで変換し0埋めして数値を文字列に変換
    sprintf(str, "%06d", number);

    // 変換後の文字列を出力
    printf("変換後の文字列: %s\n", str);

  //出力結果: 000123

    return 0;
}
広告

数値から文字列への変換と空白での変換

数値から文字列への変換時に、空白で埋めることもできます。以下はその例です。

#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 

int main() {
    int number = 987;
    char str[8]; // 変換後の文字列を格納する配列

    // 空白で変換して数値を文字列に変換
    sprintf(str, "%-6d", number);

    // 変換後の文字列を出力
    printf("変換後の文字列: %s\n", str);

  //出力結果: 987   

    return 0;
}

まとめ

まとめ

C言語で数値を文字列に変換する方法は、sprintf関数を利用することで実現できます。

桁数指定やToStringでの変換、0埋めや空白での変換も柔軟に扱うことができます。

これらのテクニックを覚えておくと、数値を文字列に変換する際の柔軟性が向上します。

ぜひ実際にコードを書きながら試してみてください。C言語の世界でさらにスキルを高めましょう!

タイトルとURLをコピーしました