[VB.net]文字列の最後の文字を削除!最初の文字や末尾の改行空白の削除についても

[VB.net]文字列最後の文字を削除!最初の文字や末尾の改行空白の削除方法についてもVB.net
広告

VB.NETにおいて文字列を効果的に削除することはプログラミングにおいて基本的であり特に操作が必要なケースがあります。

この記事ではVB.NETを使用して文字列の最後の文字や最初の文字を削除する方法、

そして文字列末尾の改行や空白を削除する方法について解説します。

広告

文字列の最後の文字を削除する

VB.NETでは文字列の最後の文字を削除するにはRemoveメソッドを使用します。

Dim inputString As String = "Hello"
Dim modifiedString As String = inputString.Remove(inputString.Length - 1)

Console.WriteLine(modifiedString)
//結果:Hell
ガマくん
ガマくん

文字列の先頭の文字を操作したい時は以下記事を参考にしてみてね

[VB.net]文字列の先頭に指定文字を追加・削除・置換する方法
VB.netにおいて文字列の先頭に新しい文字列を追加・削除・置換することはプログラミングにおいて非常に一般的な操作です。この記事では初心者向けにVB.netにおける文字列の先頭への操作に焦点を当て追加、削除、置換の方法を簡潔に解説します。

文字列の最初の文字を削除する

同様に最初の文字を削除するにはRemoveメソッドを使用しますが、Substringメソッドを併用します。

Dim inputString As String = "Hello"
Dim modifiedString As String = inputString.Substring(1)

Console.WriteLine(modifiedString)
//結果:ello
広告

文字列末尾の改行や空白を削除する

文字列末尾の改行や空白を削除するには、TrimEndメソッドを使用します。

Dim inputString As String = "Hello " & vbCrLf
Dim modifiedString As String = inputString.TrimEnd()

Console.WriteLine(modifiedString)
//結果:Hello

文字列先頭の改行や空白を削除する

同様に、TrimStartメソッドは文字列の先頭に存在する特定の文字を削除します。

以下の例では先頭のスペースを削除するコードを示しています。

Dim inputString As String =  vbCrLf & " Hello" 
Dim modifiedStringAsString = inputString.TrimStart()

Console.WriteLine(modifiedString)
//結果:Hello
広告

文字列前後の改行や空白を削除する

文字列の先頭および末尾にある空白(スペースやタブなど)を削除する方法としてTrimメソッドを利用します。

以下はその基本的な使い方です。

Dim inputString As String = vbCrLf & " Hello " & vbCrLf
Dim modifiedStringAsString = inputString.Trim()

Console.WriteLine(modifiedString)
//結果:Hello
広告

まとめ

VB.NETにおいて文字列を効果的に削除する方法はいくつかありますが最後の文字や最初の文字の削除、末尾の改行や空白の削除について理解しました。

これらの手法を使いこなすことで文字列の操作がスムーズに行えます。

ぜひ実際にコードを書きながら試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました