[VB.net]文字列や数字フォーマットを0埋め!TostringやFormat, PadLeft

アイキャッチVB.net
広告

VB.netにおいて文字列や数字を0埋めする方法を学ぶことで、データの見やすさや正確性を向上させることができます。

この記事では、初心者向けにToStringメソッド、String.Formatメソッド、

PadLeftメソッドを使ったフォーマット方法を解説します。

広告

Tostringを使った文字列の0埋め

Dim number As Integer = 7
Dim formattedString As String = number.ToString("D2")
' 出力結果: "07"

ToStringメソッドに”D2″と指定することで、数字を2桁になるように0で埋めた文字列が生成されます。

String.Formatメソッドを使った0埋め

Dim number As Integer = 7
Dim formattedString As String = String.Format("{0:D2}", number)
' 出力結果: "07"

String.Formatメソッドを使用して同様に2桁に0埋めされた文字列を得ることができます。

広告

PadLeftメソッドを使った数字の0埋め

Dim number As Integer = 7
Dim formattedString As String = number.ToString().PadLeft(2, "0"c)
' 出力結果: "07"

PadLeftメソッドは指定された桁数に満たない場合、左側に指定した文字で埋めます。

この例では2桁になるように0で埋められます。

まとめ

まとめ

VB.netにおいて、文字列や数字の0埋めは非常によく使用されるテクニックです。

ToStringメソッド、String.Formatメソッド、PadLeftメソッドを使いこなすことで、

簡単にフォーマットを行うことができます。

これらのテクニックを活用して、プログラミングの効率を向上させましょう。

初心者の方もぜひ実際のコードを書きながら、これらの機能を体感してみてください。

タイトルとURLをコピーしました