[Vb.net]文字列の数字を大文字小文字変換する方法!ToUpperやToLowerについて

画像VB.net
広告

Visual Basic .NET(VB.net)を使って、文字列内の数字を大文字または小文字に変換する方法について学びましょう。

この操作は、特にテキスト処理やデータ整形などでよく使用されます。

簡潔かつわかりやすい説明で、初心者の方でも理解しやすいように解説します。

広告

文字列の数字をToUpperで大文字変換する

文字列内の数字を大文字に変換するには、ToUpperメソッドを使用します。

以下は、具体的なコード例です。

Dim originalString As String = "abc123"
Dim resultString As String = originalString.ToUpper()
Console.WriteLine(resultString)
'出力結果:ABC123

この例では、originalString変数に”abc123″という文字列が格納されています。

そして、ToUpperメソッドを使用して文字列内のアルファベットを大文字に変換しています。

文字列の数字をToLowerで小文字変換する

文字列内の数字を小文字に変換するには、ToLowerメソッドを使用します。

以下がそのコード例です。

Dim originalString As String = "ABC456"
Dim resultString As String = originalString.ToLower()
Console.WriteLine(resultString)
出力結果: abc456

同様に、originalString変数に”ABC456″という文字列が格納されており、

ToLowerメソッドを使用してアルファベットを小文字に変換しています。

まとめ

VB.netを使用して文字列内の数字を大文字または小文字に変換する方法について解説しました。

これらのメソッドを利用することで、テキストデータの処理や整形がスムーズに行えます。

大文字小文字の変換は、データの一貫性を保つために重要な処理の一部です。

是非、実際のプロジェクトや課題に応用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました