[VB.net]文字列の一部を変更置換!削除や部分一致検索についても

VB.net
広告

VB.netでは、文字列を操作するための様々な方法が用意されています。

本記事では、初心者向けにわかりやすく、文字列の一部を置き換えたり、削除したり、部分一致検索を行う方法について紹介します。

これらの基本的な操作をマスターすることで、プログラミングの幅が広がりますので、ぜひ覚えておきましょう。

広告

文字列の一部を置換変更する

文字列の一部を置き換えるには、Replaceメソッドを使用します。

これは指定された文字列を検索し、別の文字列で置き換えるためのものです。

Dim originalString As String = "Hello, World!"
Dim replacedString As String = originalString.Replace("Hello", "Hi")

Console.WriteLine(replacedString)
//結果:Hi, World!

文字列の一部を削除する

文字列の一部を削除するには、Removeメソッドを使用します。

指定した位置から指定した数の文字を削除します。

Dim originalString As String = "Programming is fun!"
Dim removedString As String = originalString.Remove(12, 3)

Console.WriteLine(removedString)
//結果:Programming fun!

文字列の先頭に文字を追加や削除したい場合は以下にて紹介しています。

[VB.net]文字列の先頭に指定文字を追加・削除・置換する方法
VB.netにおいて文字列の先頭に新しい文字列を追加・削除・置換することはプログラミングにおいて非常に一般的な操作です。この記事では初心者向けにVB.netにおける文字列の先頭への操作に焦点を当て追加、削除、置換の方法を簡潔に解説します。
広告

文字列を部分一致で検索する

文字列内に特定の部分が存在するかどうかを調べるには、Containsメソッドを使用します。

Dim searchString As String = "apple"
Dim targetString As String = "I love apples!"

If targetString.Contains(searchString) Then
    Console.WriteLine("文字列内に検索対象が含まれています。")
Else
    Console.WriteLine("文字列内に検索対象が含まれていません。")
End If

//結果:文字列内に検索対象が含まれています。

まとめ

まとめ

以上で、VB.netにおける文字列の一部の置き換え、削除、部分一致検索について学びました。

これらのメソッドを組み合わせて利用することで、柔軟かつ効果的に文字列を操作できます。

是非実際にコードを書きながら理解を深めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました