[VB.net]文字列配列の結合!LINQやJOIN,Aggregateについて

VB.net
広告

VB.netにおいて、文字列配列の結合は様々な方法があります。

本記事では、LINQやJOIN、Aggregateを用いた結合方法に焦点を当て、初心者の方でも理解しやすいように解説します。

これらの手法を使いこなすことで、効果的かつ効率的な文字列の結合が可能です。

広告

LINQを使った文字列配列の結合

Dim stringArray As String() = {"VB", ".net", "プログラミング"}

Dim resultString As String = String.Join(" ", stringArray)

Console.WriteLine(resultString)
//結果:VB .net プログラミング

String.Joinメソッドを使用して、指定した区切り文字で文字列配列を結合しています。

この例ではスペースを区切り文字としています。

JOINを使った文字列配列の結合

Dim stringArray As String() = {"Visual", "Basic", ".net"}

Dim resultString As String = String.Join(" ", stringArray)

Console.WriteLine(resultString)
//結果:Visual Basic .net

同様にString.Joinメソッドを使用して、スペースを区切り文字として文字列配列を結合しています。

ここでは要素間にスペースが挿入されています。

広告

Aggregateを使った文字列配列の結合

Dim stringArray As String() = {"VB", ".net", "開発"}

Dim resultString As String = stringArray.Aggregate(Function(current, nextItem) current & " " & nextItem)

Console.WriteLine(resultString)
//結果:VB .net 開発

Aggregate関数を使用して、文字列配列の各要素を指定した区切り文字で結合しています。

ここではスペースが区切り文字として使用されています。

まとめ

まとめ

VB.netで文字列配列を結合する方法として、LINQやJOIN、Aggregateの利用を紹介しました。

これらの方法を理解し、適切に使い分けることで、柔軟で効率的な文字列の結合が可能です。

プログラムにおいて文字列の結合が必要な際に、適切な手法を選択して活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました