[VB.net]数字からExcelのアルファベット列番号に変換する方法

アイキャッチVB.net
広告

VB.netでプログラミングをしていると、

Excelの列番号を数字からアルファベットの列名に変換する必要があることがあります。

この記事では、そのような場面で役立つVB.netのコードを紹介します。

初心者でも理解しやすいように、簡潔に解説します。

広告

数字からExcelのアルファベット列番号に変換する

VB.netで数字からエクセルのアルファベット列番号に変換するには、ASCIIコードを利用します。

以下に、そのコード例を示します。

Module Module1
    Sub Main()
        ' 数字からエクセルのアルファベット列番号に変換する関数
        Dim excelColumn As String = GetExcelColumnName(27)
        
        ' 結果を表示
        Console.WriteLine("エクセルのアルファベット列番号: " & excelColumn)

     '結果:エクセルのアルファベット列番号: AA
    End Sub

    Function GetExcelColumnName(columnNumber As Integer) As String
        ' ASCIIコードを利用してアルファベットに変換
        Dim columnName As String = ""
        While columnNumber > 0
            Dim modulo As Integer = (columnNumber - 1) Mod 26
            columnName = Convert.ToChar(Asc("A") + modulo) & columnName
            columnNumber = (columnNumber - modulo) \ 26
        End While
        Return columnName
    End Function
End Module

このコードでは、GetExcelColumnNameという関数を作成し、

そこでASCIIコードを利用して数字からアルファベットに変換しています。

GetExcelColumnName(27)のように引数に数字を渡すことで、エクセルのアルファベット列番号が得られます。

まとめ

まとめ

VB.netを使用して、数字からエクセルのアルファベット列番号に変換する方法について学びました。

ASCIIコードを利用することで、簡潔かつ効果的に変換できます。

これを活用して、Excel関連のプログラムをより便利に構築してみてください。

タイトルとURLをコピーしました