[VB.net]datatableの並び順をselectでソート!複数条件はlinqで並び替え

[VB.net]datatableの並び順をselectでソート!複数条件はlinqで並び替えVB.net
広告

VB.NETのDataTableを扱う際、データのソートは非常に重要です。

本記事ではSelect文を活用したソート方法やLINQを利用してDataTableを複数条件で並び替える方法について解説します。

初心者でも理解しやすいように分かりやすい例を交えて説明します。

広告

Datatableの並び順をselectでソート

DataTableのデータをソートする方法として、Select文を使用することがあります。

Select文を用いることで、特定の条件に基づいてデータを抽出し、その結果をソートすることが可能です。

' DataTableの例を作成
Dim table As New DataTable("MyTable")
table.Columns.Add("ID", GetType(Integer))
table.Columns.Add("Name", GetType(String))
table.Rows.Add(1, "John")
table.Rows.Add(2, "Alice")
table.Rows.Add(3, "Bob")

' Select文を用いてName列で昇順にソート
Dim sortedRows() As DataRow = table.Select("", "Name ASC")

' 結果を表示
For Each row As DataRow In sortedRows
    Console.WriteLine($"{row("ID")}, {row("Name")}")
Next

上記の例では、Name列を昇順でソートしています。

LINQを使った複数条件でのソート

LINQを利用することで、より柔軟に複数条件でのソートが可能です。

以下は、LINQを使用してName列で昇順、ID列で降順にソートする例です。

' LINQを用いてName列で昇順、ID列で降順にソート
Dim query = From row In table.AsEnumerable()
            Order By row.Field(Of String)("Name") Ascending,
                     row.Field(Of Integer)("ID") Descending
            Select row

' 結果を表示
For Each row As DataRow In query
    Console.WriteLine($"{row("ID")}, {row("Name")}")
Next

このようにLINQを使うことで、複数の条件を組み合わせてソートできます。

広告

まとめ

VB.NETにおいてDataTableのデータを効果的にソートする方法を解説しました。

Select文やLINQを利用することで、柔軟で強力なソートが可能です。

データの取り扱いがスムーズになるよう、ぜひこれらの方法を活用してみてください。

[VB.net]dataTableをsortで複数指定し並び替え!数値型の注意点についても
データベースや外部のデータから取得した情報を効果的に整理するためにVB.NETのDataTableでのソート方法は非常に重要です。 本記事ではDataTableをソートする基本的な方法から複数の項目でのソートや数値での並び替えについても詳し...
タイトルとURLをコピーしました