[C#]開発者がgoto文を使わない理由!メリットデメリットについて

アイキャッチC#
広告

プログラミングにおいて、goto文は古くから存在しましたが、

C#の現代のプログラミングスタイルではgoto文の使用は避けられることが一般的です。

本記事ではループ処理でgoto文を使わない理由とメリットについて解説します。

広告

goto文が使われないデメリット

1.可読性の低下

一番の要因がgoto文はジャンプ先がプログラム内のどこにでもなり得るため、

コードが複雑になり可読性が低下します。

代わりに、制御構造(if、for、while文など)を使用することでコードの意味が明確になり、

他の開発者が理解しやすくなります。

2.デバッグが難しくなる

goto文を多用すると、プログラムの実行フローが予測しにくくなりデバッグが難しくなります。

制御構造を使うことで、プログラムの流れが予測可能となり、デバッグ作業が効率的に行えます。

goto文のメリット

goto文の大きなメリットは開発者にとってありません。

goto文はコードの可読性や保守性を損なう可能性が高く

他の開発者がいる場合は特に避けるようにしましょう。

class Program
{
    static void Main()
    {
        int x = 0;

        // 例: x が 5 より大きい場合、ラベル 'JumpHere' へジャンプ
        if (x > 5)
            goto JumpHere;

        Console.WriteLine("This will be executed.");

    JumpHere:
        Console.WriteLine("Jumped here!");
    }
}
広告

まとめ

まとめ

C#ではgoto文の使用を避け、代わりに制御構造を利用することが推奨されています。

goto文は可読性を損ないやすく、通常の開発では必要ありません。

ただし、特定の最適化が必要な場面では検討されるべきです。

開発者はコードの可読性と保守性を考慮しつつ、適切な制御構造を選択することが重要です。

C#
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました