[C言語]数字からアルファベットに変換!エクセル列の数値変換方法についても

画像C言語
広告

C言語で数字をエクセルの列のようなアルファベットに変換する方法について解説します。

この操作は、Excelの列を指定する際などに利用されます。

以下、数値からアルファベットへの変換方法を紹介します。

広告

数字からアルファベットに変換する

C言語において、数値をアルファベットに変換する一般的な方法は、

基本的な考え方として「1から順にアルファベットに対応する文字を割り当てていく」というものです。

以下にその具体的なコード例を示します。

#include<stdio.h>

void numberToAlphabet(int number) {
    // 数字からアルファベットに変換する処理
    char alphabet = 'A' + (number - 1);

    // 結果の表示
    printf("数字 %d はアルファベット %c に変換されます。\n", number, alphabet);
}

int main() {
    int myNumber = 3;

    // 数字をアルファベットに変換する
    numberToAlphabet(myNumber);

    return 0;
}

この例では、numberToAlphabet 関数を使って数値をアルファベットに変換しています。

char alphabet = ‘A’ + (number – 1); の部分が変換の主要なロジックです。

エクセル列にも使える数値変換方法

以下は、数値をエクセル風アルファベットに変換するC言語のサンプルコードです。

#include<stdio.h>

void numberToExcelAlphabet(int number) {
    // エクセル風アルファベットに変換する処理
    char alphabet[32]; // アルファベットの格納用配列
    int index = 0;

    // 数値をアルファベットに変換
    while (number > 0) {
        int remainder = (number - 1) % 26; // 26進数に変換
        alphabet[index++] = 'A' + remainder; // アルファベットに変換して格納
        number = (number - 1) / 26; // 次の桁へ
    }

    // 結果の表示
    printf("数字 %d はエクセル風アルファベット ", number);
    for (int i = index - 1; i >= 0; i--) {
        printf("%c", alphabet[i]); // 逆順で表示
    }
    printf(" に変換されます。\n");
}

int main() {
    int myNumber = 28;

    // 数字をエクセル風アルファベットに変換する
    numberToExcelAlphabet(myNumber);

    return 0;
}

この例では、1から順にアルファベットに変換する方法を拡張し、

26進数に変換していくことで「Z」まで対応し、それ以上の桁も正しく変換できるようにしています。

注意点

このコードは、数値が1以上の整数であることを前提としています。

負の数や小数に対するエラー処理は追加が必要です。

広告

まとめ

C言語で数値をアルファベットに変換する方法は、基本的にASCIIコードの仕組みを利用しています。

数学的な計算を通じて数値とアルファベットの対応を取ることで、簡単に変換が行えます。

タイトルとURLをコピーしました