[C言語]ループ処理をbreakを使わないで抜ける方法!

画像C言語
広告

C言語において、ループ処理から抜ける方法にはいくつかのアプローチがあります。

本記事では、break文を使用せずにループ処理を抜ける方法に焦点を当て、具体的な手法について解説します。

これにより、より柔軟で理解しやすいプログラミングが可能となります。

広告

return文を使用する

ループ処理から抜ける一つの方法は、return文を使用することです。

以下に、return文を使ったサンプルコードを示します。

#include<stdio.h>

void loopFunction() {
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
        // ある条件を満たした場合、ループから抜ける
        if (i == 5) {
            printf("Loop terminated at i = %d\n", i);
            return;
        }

        // ループ処理
        printf("Processing i = %d\n", i);
    }
}

int main() {
    loopFunction();

    return 0;
}

この例では、loopFunction内のループがiが5になった時点でreturn文により終了します。

return文は、ループ内で使用することで、ループ自体を抜けることができます。

goto文を使用する

もう一つの方法として、goto文を使用することが考えられます。

ただし、gotoは可読性が低く、使用を避ける傾向があります。以下は、gotoを使用した例です。

#include<stdio.h>

void loopFunction() {
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
        // ある条件を満たした場合、ループから抜ける
        if (i == 5) {
            printf("Loop terminated at i = %d\n", i);
            goto exitLoop;
        }

        // ループ処理
        printf("Processing i = %d\n", i);
    }

    exitLoop:
    return;
}

int main() {
    loopFunction();

    return 0;
}

goto文を使用することで、ラベル exitLoop にジャンプし、ループを抜けます。

ただし、gotoの使用は非推奨であるため、他の方法を検討することが重要です。

広告

まとめ

C言語において、ループ処理から抜ける方法は複数存在しますが、

return文を利用することが一般的で読みやすい方法です。

可読性を重視し、コードを理解しやすく保つためにも、break文以外の手法を使いこなせるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました