[C言語]strcatを使わないで文字列連結!基本的な結合方法についても

画像C言語
広告

C言語において、文字列の連結は様々な方法で行えます。

ここでは、strcat関数を使用せずに文字列を連結する方法と、strcat関数を使った連結方法について解説します。

これにより、異なる手法で文字列を効果的に結合できるようになります。

広告

strcatを使わないで文字列連結する

strcat関数を使わないで文字列を連結するには、文字列を保持するためのバッファを用意し、

それに各文字列を順にコピーする方法があります。

#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
#include <string.h>

// 文字列を連結する関数
char* concatenateStrings(const char* str1, const char* str2) {
    // 連結後の文字列長さを計算
    size_t len1 = strlen(str1);
    size_t len2 = strlen(str2);
    size_t totalLen = len1 + len2;

    // バッファを確保
    char* result = (char*)malloc(totalLen + 1);

    if (result == NULL) {
        // メモリ確保エラー
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    // バッファに文字列をコピー
    strcpy(result, str1);
    strcpy(result + len1, str2);

    return result;
}

int main() {
    // 文字列を連結
    const char* result = concatenateStrings("Hello, ", "world!");

    // 結果を表示
    printf("%s\n", result);

    // メモリ解放
    free((void*)result);

    return 0;
}

この方法では、strlen関数で各文字列の長さを取得し、必要なメモリを動的に確保しています。

そして、strcpy関数で文字列をバッファにコピーしています。

strcatを利用し文字列結合する

一方で、C言語標準ライブラリには文字列を連結するための strcat 関数が用意されています。

以下はその基本的な使用例です。

#include <stdio.h> 
#include <string.h>

int main() {
    // バッファを用意し初期化
    char buffer[50] = "Hello, ";

    // 文字列を連結
    strcat(buffer, "world!");

    // 結果を表示
    printf("%s\n", buffer);

    return 0;
}

strcat関数を使用することで、既存の文字列に対して後ろに文字列を追加することができます。

注意点
  • strcat関数は結合先のバッファが十分な容量を持っていることを前提としており、バッファオーバーフローの危険があるため注意が必要です。
  • 動的メモリ確保を行う場合、確保したメモリは後で必ず解放する必要があります。
広告

まとめ

C言語において文字列を連結する方法には、strcat関数を使う方法と、

手動でメモリを確保しstrcpy関数を用いる方法があります。

どちらも使い勝手が異なるため、状況に応じて適切な手法を選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました