[C言語]strstrを使わないで文字列検索!基本的なチェック方法についても

画像C言語
広告

C言語において、文字列の検索は様々な方法で行えます。

ここでは、strstr関数を使用せずに文字列の検索を行う方法と、strstr関数を用いた検索方法について解説します。

これにより、異なる手法で文字列を効果的に探索できるようになります。

広告

strstrを使わないで文字列検索する

strstr関数を使用せずに文字列の検索を行うには、

文字列を一文字ずつ比較しながら検索する方法があります。

#include<stdio.h>

// 文字列を検索する関数
int searchSubstring(const char* haystack, const char* needle) {
    // メインの検索ループ
    for (int i = 0; haystack[i] != '
#include<stdio.h>

// 文字列を検索する関数
int searchSubstring(const char* haystack, const char* needle) {
    // メインの検索ループ
    for (int i = 0; haystack[i] != '\0'; i++) {
        // ニードルの先頭文字と一致する位置を見つける
        if (haystack[i] == needle[0]) {
            // ニードル全体が一致しているか確認
            int j;
            for (j = 0; needle[j] != '\0'; j++) {
                if (haystack[i + j] != needle[j]) {
                    break;
                }
            }

            // ニードル全体が一致した場合
            if (needle[j] == '\0') {
                return i; // 一致位置を返す
            }
        }
    }

    return -1; // 見つからなかった場合
}

int main() {
    const char* text = "This is a sample text.";
    const char* pattern = "sample";

    // 文字列を検索
    int position = searchSubstring(text, pattern);

    // 結果を表示
    if (position != -1) {
        printf("Pattern found at position: %d\n", position);
    } else {
        printf("Pattern not found.\n");
    }

    return 0;
}
'; i++) { // ニードルの先頭文字と一致する位置を見つける if (haystack[i] == needle[0]) { // ニードル全体が一致しているか確認 int j; for (j = 0; needle[j] != '
#include<stdio.h>

// 文字列を検索する関数
int searchSubstring(const char* haystack, const char* needle) {
    // メインの検索ループ
    for (int i = 0; haystack[i] != '\0'; i++) {
        // ニードルの先頭文字と一致する位置を見つける
        if (haystack[i] == needle[0]) {
            // ニードル全体が一致しているか確認
            int j;
            for (j = 0; needle[j] != '\0'; j++) {
                if (haystack[i + j] != needle[j]) {
                    break;
                }
            }

            // ニードル全体が一致した場合
            if (needle[j] == '\0') {
                return i; // 一致位置を返す
            }
        }
    }

    return -1; // 見つからなかった場合
}

int main() {
    const char* text = "This is a sample text.";
    const char* pattern = "sample";

    // 文字列を検索
    int position = searchSubstring(text, pattern);

    // 結果を表示
    if (position != -1) {
        printf("Pattern found at position: %d\n", position);
    } else {
        printf("Pattern not found.\n");
    }

    return 0;
}
'; j++) { if (haystack[i + j] != needle[j]) { break; } } // ニードル全体が一致した場合 if (needle[j] == '
#include<stdio.h>

// 文字列を検索する関数
int searchSubstring(const char* haystack, const char* needle) {
    // メインの検索ループ
    for (int i = 0; haystack[i] != '\0'; i++) {
        // ニードルの先頭文字と一致する位置を見つける
        if (haystack[i] == needle[0]) {
            // ニードル全体が一致しているか確認
            int j;
            for (j = 0; needle[j] != '\0'; j++) {
                if (haystack[i + j] != needle[j]) {
                    break;
                }
            }

            // ニードル全体が一致した場合
            if (needle[j] == '\0') {
                return i; // 一致位置を返す
            }
        }
    }

    return -1; // 見つからなかった場合
}

int main() {
    const char* text = "This is a sample text.";
    const char* pattern = "sample";

    // 文字列を検索
    int position = searchSubstring(text, pattern);

    // 結果を表示
    if (position != -1) {
        printf("Pattern found at position: %d\n", position);
    } else {
        printf("Pattern not found.\n");
    }

    return 0;
}
') { return i; // 一致位置を返す } } } return -1; // 見つからなかった場合 } int main() { const char* text = "This is a sample text."; const char* pattern = "sample"; // 文字列を検索 int position = searchSubstring(text, pattern); // 結果を表示 if (position != -1) { printf("Pattern found at position: %d\n", position); } else { printf("Pattern not found.\n"); } return 0; }

この方法では、ヘイスティングと呼ばれる検索位置を前進させながら、

一致するかどうかを一文字ずつ比較しています。

strstr関数で文字列のチェック

一方で、C言語標準ライブラリには文字列を検索するための strstr 関数が用意されています。

以下はその基本的な使用例です。

#include <stdio.h> 
#include <string.h>

int main() {
    const char* text = "This is a sample text.";
    const char* pattern = "sample";

    // 文字列を検索
    const char* result = strstr(text, pattern);

    // 結果を表示
    if (result != NULL) {
        printf("Pattern found at position: %ld\n", result - text);
    } else {
        printf("Pattern not found.\n");
    }

    return 0;
}

strstr関数を使用することで、簡潔かつ効率的に文字列を検索できます。

関数の返り値は見つかった位置の先頭を指すポインタであり、見つからなかった場合は NULL が返ります。

注意点
  • 手動で文字列を検索する場合、ヘイスティングと呼ばれる検索位置を管理する必要があります。
  • strstr関数を使用する際は、見つからなかった場合に注意してエラーハンドリングを行いましょう。
広告

まとめ

C言語において文字列の検索は、手動で一文字ずつ比較する方法と、

strstr関数を使用する方法があります。

どちらを選ぶかは、状況によりますので、適切な方法を選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました