[C言語]for文やwhile文で繰り返しの回数指定をする!

画像C言語
広告

プログラミングにおいて、同じ処理を繰り返す際には、その繰り返しの回数を指定することがよくあります。C言語では、for文やwhile文を使って繰り返し処理を行いますが、今回はその繰り返し回数を指定する方法について解説します。

広告

for文で繰り返しの回数指定をする

#include 

int main() {
    // iを初期化し、10回繰り返す
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
        // ここに繰り返し処理を記述
        printf("繰り返し中: %d回目\n", i + 1);
    }

    return 0;
}
解説
  • for文では、初期化部分、条件部分、更新部分の3つの部分で構成されます。
  • 初期化部分では、変数を初期化します。上記の例ではint i = 0;となっています。
  • 条件部分では、繰り返しを続ける条件を指定します。上記の例ではi < 10となっています。
  • 更新部分では、繰り返しのたびに変数を更新します。上記の例では++iとなっています。

while文でループ回数の指定をする

#include 

int main() {
    // 初期化
    int i = 0;

    // 条件を満たす限り繰り返す
    while (i < 10) {
        // ここに繰り返し処理を記述
        printf("繰り返し中: %d回目\n", i + 1);

        // 更新
        ++i;
    }

    return 0;
}
解説
  • while文では、条件が真の場合に繰り返しを行います。
  • 初期化や更新はwhile文の外で行います。
  • 条件が偽になるまで繰り返し処理が続きます。
広告

繰り返しの回数を変数で指定する

#include 

int main() {
    // 繰り返し回数を変数で指定
    int repeatCount = 5;

    // for文を使った繰り返し
    for (int i = 0; i < repeatCount; ++i) {
        printf("for文: %d回目\n", i + 1);
    }

    // while文を使った繰り返し
    int j = 0;
    while (j < repeatCount) {
        printf("while文: %d回目\n", j + 1);
        ++j;
    }

    return 0;
}

繰り返しの回数を変数で指定することで、柔軟に繰り返し回数を変更できます。これはプログラムがより動的になり、再利用性が向上します。

まとめ

C言語において、繰り返しの回数を指定する方法にはfor文やwhile文を活用します。これらの構文を理解し、変数を用いて繰り返し回数を柔軟に設定できるようになりましょう。これは効率的で可読性の高いプログラムを作成するために重要なスキルです。

タイトルとURLをコピーしました