[C言語]for文やwhile文で1から100までの和を改行表示!足し算の繰り返し方法

画像C言語
広告

プログラミング言語Cでは、繰り返し処理を行うためにfor文やwhile文が利用されます。

この記事では、1から100までの数を足し合わせる方法に焦点を当て、

for文とwhile文の使い方を説明します。

初心者の方にもわかりやすいように、具体的なコード例を交えながら進めていきます。

広告

for文を使った足し算の繰り返し

for文は指定された回数だけループを実行するのに適しています。

以下は、1から100までの数をfor文を使って繰り返し足し算するコード例です。

#include<stdio.h>

int main() {
    int sum = 0;

    // 1から100までの繰り返し足し算
    for (int i = 1; i <= 100; i++) {
        sum += i;

     //改行がいらない場合は/nを取り除く
       printf("%d\n", sum);
    }

    return 0;
}

このコードでは、sumという変数を初期化し、

for文を使って1から100までの数を順に足し合わせています。

while文を使った足し算の繰り返し

while文は条件が満たされている限りループを実行するのに適しています。

以下は、同じく1から100までの数をwhile文を使って繰り返し足し算するコード例です。

#include<stdio.h>

int main() {
    int sum = 0;
    int i = 1;

    // 1から100までの繰り返し足し算
    while (i <= 100) {
        sum += i;
        i++;
     
     //改行がいらない場合は/nを取り除く
       printf("%d\n", sum);
    }
    return 0;
}

このコードでは、sumとiという変数を初期化し、

while文を使って1から100までの数を順に足し合わせています。

広告

まとめ

C言語において、for文やwhile文を利用することで簡単に繰り返し処理を実装できます。

この記事では、それぞれの文を使って1から100までの数を足し合わせる方法を解説しました。

ループを活用することで、同じ処理を繰り返し行う場合にコードの冗長性を減らし、

プログラムの効率性を向上させることができます。

タイトルとURLをコピーしました