[C言語]for文から抜ける!次のループへスキップする方法についても

アイキャッチC言語
広告

C言語のfor文は、特定の条件下でループを途中で抜けたり、処理を飛ばしたりする際に使います。

この記事では、for文での途中での抜け方や処理の飛ばし方について解説します。

初心者でも理解しやすいように説明します。

広告

break文でfor文から抜ける

break文は、ループやswitch文から抜け出すために使用します。

以下は、for文でiがある条件を満たしたときにループを抜ける例です。

#include <stdio.h>

int main() {
    for (int i = 0; i < 10; i++) {
        printf("現在のiの値: %d\n", i);

        if (i == 5) {
            printf("iが5になったため、ループを抜けます。\n");
            break;
        }
    }

    return 0;
}

上記の例では、iが5になったときにbreak文が実行され、ループが終了します。

continue文で次のループへスキップする

continue文は、ループ内での処理をスキップし、次の繰り返しに進むために使用します。

以下は、for文でiがある条件を満たしたときに処理を飛ばす例です。

#include <stdio.h>

int main() {
    for (int i = 0; i < 10; i++) {
        if (i % 2 == 0) {
            printf("%dは偶数なので処理をスキップします。\n", i);
            continue;
        }

        printf("%dは奇数なので処理を実行します。\n", i);
        // ここに奇数の場合に行いたい処理を記述します。
    }

    return 0;
}

上記の例では、iが偶数の場合にcontinue文が実行され、その時点で次の繰り返しに移ります。

広告

まとめ

まとめ

この記事では、C言語のfor文で途中で抜ける方法と処理を飛ばす方法について解説しました。

break文を使用してループを抜けることや、continue文を使用して特定の条件下で

処理をスキップすることで、プログラムの制御が柔軟になります。

自分のプログラムの要件に合わせてこれらの文を活用してみてください。

C言語
ガマくんをフォローする
広告
広告
塩竈Code
タイトルとURLをコピーしました